1. TOP
  2. PR
  3. 【店舗事業者の協力者求む】熊本市における「手ぶら観光」の実証実験を計画

【店舗事業者の協力者求む】熊本市における「手ぶら観光」の実証実験を計画

 2016/12/06 PR ニュース
 

熊本市における「手ぶら観光」の実証実験を計画

shutterstock_450980248

このたび、熊本市のご協力を得て、
株式会社セームページを中心としたコンソーシアムが
総務省「IoTサービス創出支援事業」の委託事業として、
熊本市における「手ぶら観光」の実証実験を計画しております。

セームページの開発したTeburaというシステムを活用して、
店舗や事務所の空きスペース・空き時間を有効活用しながら荷物を預かるサービスを提供し、
観光客に方々に荷物なしで観光をより楽しんでいただくことができるかどうかを実証するための社会実験です。

2017年度の実施を予定しておりますが、
現在、この実証実験にご参加いただくことが可能かどうか、皆さまのご意向を伺っております。

ご参加いただく店舗や事業所の方々には、
お店や事務所の空きスペース・空き時間を活用して、
シェアリングエコノミーを実感していただくプロジェクトです。
スマホひとつあれば、ご参加いただけます。特にシステムや機器の資料などの費用は不要です。

 

(収入を得てよい場合)

観光客の方が荷物を預けた際には、預かり料として所定の金額が預かった方に後日、支払われます。

(収入を得てはいけない場合)

荷物を預かる拠点としてご登録いただいた際には、
当プロジェクトにおいて定めるレンタル料が支払われます。

なお、この実証実験につきまして運営の詳細は、
「IoTサービス創出支援事業」として正式に委託が決定されてから、説明会などを開催してお知らせいたします。

何か気になることがありましたら
お気軽にお問い合わせください
https://goo.gl/I8f6g4

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級
元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。
少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。
長嶺小・長嶺中・熊本工業出身
県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。
持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ
そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 漫画「課長島耕作」を意識した「湯らっくす」に行けば中年・上野Pも本当に島耕作になれるのか

  • 明けましておめでとうございます!肥後ジャーナルの2019年と抱負

  • 「熊本復興ねぶた」が今年も開催!2018年9月1日・2日!熊本城二の丸広場を練り歩く雄大なねぶた見に行こう!

  • 話題のIT会社の追跡取材をしたらギャルとお茶を飲めた話

こちらもオススメです!!

  • 震災で休業していた「ふく泉 新市街店」が同じ場所で8月21日に復活オープン!

  • ビーフ食堂三年坂店が7月20日に閉店していた・・・

  • 【悲願】「天草の﨑津集落」がユネスコの世界遺産に認定へ!

  • 水前寺住人に愛され続けたスーパー「愛マート水前寺」が閉店【1月中旬】

  • 阿蘇までの無料シャトルバスが熊本市西区の西部車庫から無料運行

  • 【あの日を忘れない】「熊本地震・東日本大震災報告写真展」が熊本県庁で4月21日まで開催!