1. TOP
  2. 幸せを呼ぶ青い蜂ってどんなとこ?こども食堂「ブルービー」に行ってみた!!!

幸せを呼ぶ青い蜂ってどんなとこ?こども食堂「ブルービー」に行ってみた!!!

こども食堂って?

主に一人親家庭や経済的な理由の子どもを対象に、
栄養バランスの取れた食事や地域の人々とのふれあいの時間を無料
または、お手頃な値段で提供する取り組みの事です。

Budou」さんもそんな様々な孤食の背景を感じ
「こども食堂」を運営されている場所になります。

img_5295

 

Budouさんって何処にあるの?こども食堂はいつあるの?

以前にも書きましたがBudouさんは熊本市南区八幡にあるお店になります。
Budouさんの正式な名前は「Budou Antenna shop + Community space」になり
正式名称
の通りアンテナショップや地域の子供を中心に集まる場所として作られました。
毎月第三土曜日、11時~14時の時間が、こども食堂の時間になります。

 お店の駐車場は無いと聞きましたので車は近くのコインパーキングに停めて行ってみましょう。
川尻駅入口の先の交差点の角地にあり目の前にセブンイレブンがあり
近くにはロッキーなどのスーパーもありますので目印にされて下さい。

   img_5322 img_5323

店内

テーブルとカウンターと、お座敷もありカーテン付きの授乳スペースもあります。

img_5324

11月のブルービーの日も入店して赤ちゃん連れのお客様が何組かいらっしゃいました。ママだけでは無くパパも一緒に利用されていました。聞くとおばあちゃん、ママ、子供と3世代一緒に利用されていたりするそうです。

 img_5299

img_5432

本日11月19日のメニューは?

img_5431 img_5430

・ご飯+大根と冬瓜の味噌汁

・子どもは鯖フライで大人はあら炊き+キンピラ

・里芋のコロコロチーズ焼き

・卵焼き

・サラダ

・フルーツポンチ

・シフォンケーキ

・お菓子

子供は0円(18歳まで)大人は300円です。食材は全て寄付と言う事ですが、ボリュームもしっかりありリーズナブルすぎます・・・!!

あら炊きも調度良い味加減でお魚が美味しいです。目玉までペロリと食べてしまいました。シフォンケーキは「居酒屋だん」様からの提供との事でフォークを入れたらフワフワで口の中に入れたらふわっという食感と共に消えてしまいました。

img_5429

里芋は中にチーズも入り養価もアップされ子供も大人も人気のメニューですね。

リーズナブルな絶品ソフトクリーム

img_5425

これで200円(子供用は200円、大きいのだと270円です)・・・!!

・・お・・・美味しい・・・!!風味も口当たりも滑らかでミルク感も申し分なく質の良いソフトクリームと見ました!メープル風味のコーンも相性が良く、これで200円とは・・・このソフトクリームだけでも食べに来たいです。

作業服のお兄ちゃんが一人できてソフトクリームだけ買って帰ると聞きましたが、その理由も解りました!因みにコーンだけでは無くカップにも入れてくれるそうです。念のためbudouさんのメニューも載せますね。

 

 img_5330

img_5331

感想

メニューもバランスや彩りが考案され子供も大人も美味しく楽しく安心に食べることが出来相席で初対面同士でも何気に会話する事も楽しめたり等子供ひとりでも赤ちゃん連れでも安心できる暖かい場所だと感じました。

img_5426

孤食も家庭環境と同じく色々あり単純に十分な食事を取れなかったり、親の仕事など一人で食事をしていたり家で満足な食事を取れない子どもは結構いらっしゃると思います。

 

以外に見た目だけでは解らない部分の荷物が取り除ける場所。

安く健康的な食事ができるから来ているだけでもいい、ご年配、年齢関係なく誰でも来て貰い、そんな人達に暖かい食事と子供同士又は家族やママ同士のコミュニケーションや悩みを話す場を月一回提供できれば・・・という思いでボランティアを募り頑張ってらっしゃいます。

近くの高校生もメニュー考案から食堂当日まで参加されていた事もあり、そんなBudouさんの様子はYahoo!ニュースやラジオ、新聞、テレビ、フリーペーパーなどにも多く出ているので見かけた方も多いかと思います。

また、オーナーの清美さんはお店のコンセプトとしてブログでこう語っています。

葡萄の果実の様に

たくさんの情報を発信し

人が集まり、ひとつの房となる

 

子どもから大人までが大好きな

Budou』になりたいのです

 

そして南阿蘇にいる見たら幸せを呼ぶ「ブルービー」からとった、こども食堂「ブルービー」。オーナーさんの思いの通り支え合い、時間や思いを共有でき一人じゃなく繋がれる暖かい場所。

今後も「こども食堂」「カフェ」という形で長く分け隔て無く人が気軽に集まる場所がこれからも、あると活気も出て気持ちが潤い笑顔になると思います。12月のメニューはお寿司らしくブログやFacebookを要チェックですね。

機会があればママじゃなくても是非行ってみて下さい。

 img_5427

ブログ
http://ameblo.jp/budou-tree/

facebookbudouさん)
https://www.facebook.com/kawashiri.budou/

facebook(ブルービーさん)
https://www.facebook.com/kodomokitchenbluebee/

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山田和かな

山田和かな

9月の末に第二子を出産する主婦ライター。
好奇心とフットワークで肥後ジャーナルの盛り上げを手伝います。
NO,MUSIC!NO,LIFE!
サブカルなど大好きで文だけでは無く絵やデザイン、漫画も描けます。
お仕事も募集しています。宜しくお願い致します。

他の記事も読んでください‼︎  記事一覧

  • まるで映画?南阿蘇のカフェ「久永屋」に行ってみた!!

  • 唐人町の古民家で楽しく、あたたかい故郷の味「春陽食堂」に行ってみた!!

  • 4月15日に熊本の作家梶尾真治先生のトーク&サイン会が熊本三年坂で開催!!!

  • 【復興】樋口了一のライブが熊本地震1年目の福幸祭で開催!

こちらもオススメです‼︎

  • レストラン藤屋〜阿蘇赤牛ハンバーグ〜

  • 辛麺屋ここから〜ファイヤータイム〜

  • ラーメン樹〜特製醤油ラーメン〜

  • Barteca Emilia(バルテカ・エミリア)が上乃裏通りに移転【跡地にブルックリンカフェ】

  • 博多ラーメン一連〜ラーメン〜

  • 【激安】松橋方面にある衝撃の値段「1本50円」のテイクアウト焼鳥店がすごすぎる