1. TOP
  2. 躯体から観える記念展が本日をもって解体・・・

躯体から観える記念展が本日をもって解体・・・

 2016/10/15 開店・閉店
 

躯体から観える記念展

img_7502

熊本地震の被害が大きかったオモキビルは
テナントビルとして営業していくことが困難とされ、
築100年の歴史に終止符を打ち、建て替えられることがきまってます。

その取り壊されるまでの期間を利用して
2か月限定の【躯体から観える記憶展】が開催されていました。

 

躯体から観える記憶展とは?

空きスペースになっている場所を、期間を限定で
熊本地震の影響で活動場所をなくした
アーティスト、クリエイター、ショップ(フリーランス)などに場所を提供し、
そこで面白いことをやっていただく場所です。

 

 

以前肥後ジャーナルでも記事にしました。

【期間限定】躯体から観える記憶展 ㏌上通り【10月15日まで】

スケルトン状態のテナント内

14079659_1763918197227337_8343412964483153407_n

dsc_0117

 

最後に

本日が最終日となります。
お時間のある方は
ぜひ最後に行かれてみてください。

わずか2ヶ月という短い期間でしたが
上通りアーケードに新たな風が吹きました。

こういった個性的な店舗が並ぶテナントは
個人的には物凄く面白いし魅力的だと思います。

2ヶ月間お疲れさまでした!
オモキビル100年間お疲れさまでした!!

 

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級
元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。
少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。
長嶺小・長嶺中・熊本工業出身
県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。
持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ
そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

他の記事も読んでください‼︎  記事一覧

  • 女性に優しい上品でおしゃれなカレーと出会った話

  • 爆笑問題のお笑いライブがTOHOシネマズ光の森で開催!なんと初回の4月28日は無料!!!

  • 震災の影響で長らく閉店していたサンリブ子飼店がマルショク子飼店に生まれ変わって5月初旬にオープン!

  • ドカ盛りなのに意外とあっさりしたラーメンと出会った

こちらもオススメです‼︎

  • 【コメダ旋風】コメダ珈琲店が熊本県各地に続々とオープン!!!

  • ティーンに大人気のブランドrepipi armario(レピピアルマリオ)がイオンモール熊本にオープン!!

  • ハローデイ南熊本は、12月に再開予定! ついでに100円ショップ「Can☆Do(キャンドゥ)」もオープンするらしい。

  • 【創業42年】老舗弁当店「手作り味平べんとう」が昨年末で閉店していた・・・

  • GU熊南店が十禅寺(楽市楽座跡地)にオープン!!【11月11日オープン予定】

  • 合志市にあるカフェコノハナサクヤが8月末に閉店