1. TOP
  2. エンターテイメント
  3. 「蔦屋書店熊本三年坂」2階にある期間限定セレクトショップ「Belier」!【夏物セール中】

「蔦屋書店熊本三年坂」2階にある期間限定セレクトショップ「Belier」!【夏物セール中】

肥後ジャーナルでもさまざまな注目のテナントを紹介している「蔦屋書店熊本三年坂」のショップ。今回ご紹介するのは、2階のファッションフロアに期間限定で営業している、ふたつの人気ブランドを扱っている「Belier POP UP shop」です。

「anl」と「アンナニコラ」2つの人気ブランドを展開

このお店は、エレガンスだけどカジュアルに着こなせると評判のブランド「anl」と、フランス人デザイナー「マリークロード」が手がけ、同じくエレガンスでありながら、ちょっとしたお出掛け着に最適というブランド「アンナニコラ」の、主に2つのブランドを取り扱っているショップです。

海外ブランドありながら、気軽に着られるお出かけ服ということで、さり気ないファッションを主張できる素敵な洋服の数々です。

ファストファッションよりも上のランクながら、高級すぎない、若い女性でも背伸びをせずに十分買いやすい価格帯で、普段の自然な自分をうまく主張できると人気のようですね。

店舗は2階のアパレルフロア!

さりげないお洒落感。カジュアルさの中にも、ブランドのこだわりがしっかりと出ています。

金額も十分お求めやすい価格。それでありながら、ファストファッションとは違う高級感が感じられます。

大量生産品とは違う、デザイナーのてがけたこだわりの洋服です。

これを着ると、なんだかヨーロッパの街並みを散策しているような雰囲気がありますね。

取材中も若い女性が来店。接客もブランドイメージを大切にして、スタッフはごく自然に接していただけるので、ゆっくり落ち着いて服を選べるのも同店の魅力です。

現在は夏物絶賛セール中!

熊本はまだまだ暑いですが、服ブランドはそろそろ秋物に衣替えの時期。ですので現在は夏物セール中で、いま着れる服が大変お得に買えるチャンスです!

もともとお求め安い価格ものに、さらに半額札が! このブランドを感じるには、このタイミングがもっとお安く購入できるラストチャンス!

あくまで期間限定ショップですので、来年は買えない可能性がありますよ!

服だけでなく、バッグも半額!余裕を感じる大人の女性ブランド。20代30代の女性に幅広く人気です!

セールは9月上旬までの予定!ぜひ今のうちに!

期間限定ショップですので、ここで購入できるのはいまだけ!。

両ブランドとも通販はありますが、やはり服は実際に目で見て、手に取ってみて、生地などを肌で感じるのが一番!

あなたのファッションに新しい風を取り入れてみてはいかがでしょうか?

■Belier POP UP shop■

住所:

電話:096-206-9948(蔦屋書店熊本三年坂テナント管理事務所)

営業時間:10:00~20:00

定休日:元日

カリーノ下通の紹介ページはこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった
媒体での仕事経験が豊富な上野P
りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。
肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも
グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 創業そろそろ50年!懐かしい洋食に出会える店「洋食 たからぶね」のオムライス!

  • 熊本空港レストラン「りんどう」で「ドーン!!!と丼祭」がドーン!と開催中

  • 県産へのこだわりで野菜が安い!地域密着ディスカウントショップ「ジャガ太郎」

  • 熊本のモスバーガーだけ!JA熊本経済連とコラボした「にこモスバーガー」が県内限定発売!

こちらもオススメです!!

  • 「ZARA」がイオンモール熊本にオープンしたので行ってきた!

  • 本当だったらもう30歳なはず!?鶴屋百貨店で開催中の「25周年記念 クレヨンしんちゃん展」に行ってきた!

  • 【酒場放浪記】ヘルシーでおいしい!「通裏」の野菜巻き串に舌鼓!

  • 秋の夜長が待ち遠しくなる!和紙×シアタールーム完備のリノベーション物件を見てきた

  • 老舗喫茶風でレベルの高い大衆洋食店「レストラン てんとうむし」

  • 【前編】男二人で天草に行ったら永住したくなった話