*
とじる
*
とじる
*
とじる

文化祭と全く無縁だったりようが大学の文化祭を回ってみた。

ライター:りよう りよう
キーワード:

こんにちは、りようです。11月3日(金)文化の日に、熊本市内の4つの大学で、文化祭が開催されていたので遊びにいきました。

私は最終学歴が高校卒業なので、大学の文化祭に行ったことがありません。高校時代も部活で忙しくてちゃんと参加していませんでした。

社会人になった今でも、大学の文化祭が楽しめるのか、1日で4大学を巡ってみました。

この日、文化祭を開催していたのは、

熊本大学、熊本学園大学、東海大学、九州ルーテル学院大学の4大学でした。


熊本学園大学「託麻祭」

まず、最初にやってきたのは熊本学園大学の「託麻祭」です。熊本の私立大学で最大の学生数ということで、期待も膨らみます!

人が多くなる前にと午前中から足を運んだのですが…。

・・・めっちゃ人多い。

大学は試験などで足を運んだことしか無かったので、初めてゆっくり歩いて回りましたが、すごく広くて驚きました。高校とは全然ちがう…。

たこ焼き、焼きそば、カレーなどの模擬店かずらりと並ぶ中、

「くじら」と書かれた模擬店を発見。くじらのパネルなんかも展示してありました。

くじらのカツを販売していたので早速買ってみました。

一口サイズのくじらカツが2枚。模擬店は食べ物がメインですので、少量だととっつきやすいですね!

キャンパス内のベンチに座って食べました。濃厚なクジラの味がしっかり出ていて美味しかったです。大学の模擬店、侮れない……。

次に、カレーを食べてみました!熊本学園大学の文化祭では、サークルで出店している模擬店がほとんどだったのですが、こちらはゼミしている模擬店とのことでした。高森町と連携して地域の活性化に取り組んでいるとのことで、高森町の食材を使ったカレーを販売していました。

具材が溶けるまで煮込んだカレーは、これぞ文化祭!といった美味しさでした。

もっと色々回りたかったのですが、時間の都合もあり、次の大学へ。

東海大学 「東熊祭・数鹿流祭」

次にやってきたのが、渡鹿にある東海大学熊本キャンパス。

中に入ると、大勢の来場者が!侮っていました…。賑わいは在学生の数に比例すると思っていましたので、さきほどの学園大学よりは少ないだろうと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

地域住民や親御さんらも大勢いらしていて、子供から大人まで頼んしんでいました。職員の方々も模擬店を出していて、さながら地域のお祭りのようになっていて、活気に満ち溢れていました。写真を撮り忘れてしまいましたが、カレーがとても美味しかったです。

九州ルーテル学院大学 「フィリア祭」

続いてやってきたのが、九州ルーテル学院大学のフィリア祭。

こちらも、東海大学と同じように地域の方々が足を運ばれている様子が目につきました。

クレープ屋さんも入っていました。移動販売の車がキャンパス内にあるのがいかにも非日常といった感じで、学生さんたちも楽しそうにしていました。

そんな中、今回、私が気になったのはこちら。

スリランカカレーです。

さっきからカレーばかり食べていますが、それでも飽きない美味しさでした。本格的な味で、その場で好みの辛さに調整してくれていました。

この後、「お化け屋敷やってまーす」と声をかけてもらったのですが、怖かったので逃げました。

熊本大学 「紫熊祭」

この日最後に訪れたのが、熊本大学の紫熊祭です。

所狭しとならんだ模擬店。さすが、熊本最大の在籍者数を誇る大学というだけあります。活気も段違いでしたし、学生も積極的に販売している印象がありました。

七輪で焼き鳥を焼いている姿もあり、趣きにあふれていました。自然豊かで古風なキャンパスとも非常にマッチしていました。

私が食べたのは揚げパンアイス。初めて食べたのですが、毎年人気のデザートだそうです。普段目にすることの少ない食べものを口にできるのも文化祭の楽しみですね。

まとめ

今回、文化祭をめぐって気づいたこと、それは……。

公共の交通機関でいきましょう!駐車場がありません!!私のように遠くのコインパーキングに止めて歩くことになります…。

また、ステージイベントや展示は時間や日程を調べていくと良いかもしれません!

思いのほか、しっかりしているお店もあり、大学ごとの個性が色濃く出ていて楽しめました。来年もまた文化祭めぐりしたいですね!

時間があわず、いけませんでしたが翌日の4日、5日には崇城大学でも文化祭があったそうです。来年は他の大学もめぐりたいですね!

今後の文化祭情報

熊本県立大学「白亜祭」 11月11日(土)、12日(日)
尚絅大学「尚絅祭」  11月18日(土)、19日(日)

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

行列のできるラーメン屋「天外天」の週末1番並んでいない時間を調べてみた!

2019.03.15

PUBLIC RELATIONS

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25