1. TOP
  2. 観光
  3. イベント
  4. 今年は4台登場!9月1日・2日に開催された「熊本復興ねぶた-2018」に行ってきた!

今年は4台登場!9月1日・2日に開催された「熊本復興ねぶた-2018」に行ってきた!

2016年の初開催から今年で3回目! 「熊本復興ねぶた」が、今年も熊本城二の丸広場で開催されました!

雨にも負けず!2日間とも無事開催!

「熊本復興ねぶた」が今年も開催!2018年9月1日・2日!熊本城二の丸広場を練り歩く雄大なねぶた見に行こう!

前々回の2016年は台風の影響で1日のみ開催。2017年は初日が夜、2日目が昼というねぶたの開催。

3回目となる今回、初日は天候が心配されましたが、2日間とも18時〜20時までの夜に開催されました。

例年は大型のねぶたが1台練り歩いていましたが、今年はそれに加え小型のねぶた3台を加えた計4台が練り歩きました。

今年も大変盛況!

会場となった熊本城二の丸広場には大勢の観客で活気に満ちていました。

ねぶたの雄大な風景を鑑賞することができました。

初日は少し雨も降りましたが、二日目は天気もなんとか持ちこたえてくれました。

今年も「ねぶた」は凄かった!雄大な姿に感動!!

今年の「ねぶた」の作品も大変壮大で優雅! 熊本の人々を魅了してくれました。

メインのねぶたは大型の「堀川夜襲」と呼ばれるねぶた。

遠くからでも大迫力!山車(だし)の上で、灯籠が勇壮に輝いていました。

色鮮やかな明かりに、驚くばかり!

近くで見ると、鬼気迫る表情に思わず、声が漏れてしまいます。

ときおり、観客に向けて山車を傾けるので、本当に間近で見ることができるんです!

動画はこちら!

今年は「小さめのねぶた」も登場!

今年は熊本にはじめて小型のねぶたがやってきました。その数3台。

大型の「堀川夜襲」とともに二の丸広場を練り歩きました。

小型といっても、単体でみるとその大きさは大勢の人で持ち上げなければならないほど。

大型が通り過ぎた後からも次々にやってくるので、飽きることなく楽しめました。

もちろん、小型も傾けて、観客の目の前まで!迫力満点のねぶたを楽しめました!

中には、変わり種で可愛らしいねぶたまで登場!

同時にマルシェも開催!

今年も、ねぶたと共に、東北の美味しいグルメが味わえる「福幸マルシェ」が開催!

やはり今回も「マグロ」は大盛況でした。

今年も素晴らしいねぶたの数々!本当にありがとう!

ありがたいことに、毎年恒例の行事となりつつある「熊本復興ねぶた」。

とはいえ、毎回これだけのものを青森から遠い熊本まで運搬をされてこられるのは大変で、コストも非常に掛かったそうです。

「クラウドファンディング」などの試みもあり、資金面においてもさまざまな創意工夫をされていました。

「ねぶた」の開催にはただ観るだけでなく、熊本からの応援も不可欠だと思います。

次回も「復興ねぶた」にも大いに期待しましょう!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった
媒体での仕事経験が豊富な上野P
りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。
肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも
グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 熊本空港レストラン「りんどう」で「ドーン!!!と丼祭」がドーン!と開催中

  • 県産へのこだわりで野菜が安い!地域密着ディスカウントショップ「ジャガ太郎」

  • 熊本のモスバーガーだけ!JA熊本経済連とコラボした「にこモスバーガー」が県内限定発売!

  • 下通りの「ケンタッキーフライドチキン新天街店」が10月31日で閉店

こちらもオススメです!!

  • 【潜入レポ】リノベーションエキスポ2016in熊本に行ってきた!!!

  • 熊本地震復興ドラマ「ともにすすむサロン屋台村」の動画がYoutubeで限定無料公開中!

  • 肉の旨味がじゅわっ!道の駅旭志にある食彩館でブランド牛・旭志牛を大満喫

  • 【航空ファン必見】なんと“77年前”の名旅客機 「ダグラスDC-3」が熊本に飛んでくる!!

  • 【酒場放浪記】ヘルシーでおいしい!「通裏」の野菜巻き串に舌鼓!

  • 【3ヶ月に1回】100円笑店街の驚きのコスパに笑いがとまらない