1. TOP
  2. ニュース
  3. 5月の連休後に熊本城天守閣としばらくお別れ

5月の連休後に熊本城天守閣としばらくお別れ

 2017/04/06 ニュース 未分類 熊本地震関連
 

熊本城天守閣の復旧工事

熊本でもあちこちで桜が咲き春の訪れを実感できる季節になってきました。
熊本地震発生から約1年が経過しようとしていますが熊本城復旧のめどはまだまだ立っていません。

そして今現在熊本城の復旧工事があちこちで始まりました。
長塀は足場が組まれ白い丈夫なシートに覆われ大型トラックが通るための道を作るため鉄骨製の橋が組み立てなどが行われています。

それに伴い5月の連休後
足場組立と作業シートの設置で
天守閣をご覧いただけない期間が発生してしまいます。

天守閣足場設置についての計画図

天守閣とは???

城の本丸(ほんまる)に高くきずいた構築物であり
熊本城の一帯で一番高い建物のことを指します。

天守閣を観ることができない期間

天守閣と飯田丸五階櫓(やぐら)の復旧の工事の期間は約2年かかると言われ
2年間という長い期間の間天守閣を観ることができなくなってしまいます。

 

最後に

大天守の復旧は2019年工事完了が目指されていて
飯田丸五階櫓の崩落した石垣の復旧工事も本格的に始まるそうです。

熊本の象徴である熊本城の天守閣の姿が2年間観れないとなると心寂しいですが
復旧した新しい熊本城の姿を桜の満開と共に待ちましょう。

熊本県外にお住いの方も
5月の連休で帰省された際には天守閣の姿を観に行かれてみてはいかがですか?

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級
元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。
少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。
長嶺小・長嶺中・熊本工業出身
県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。
持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ
そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 「熊本復興ねぶた」が今年も開催!2018年9月1日・2日!熊本城二の丸広場を練り歩く雄大なねぶた見に行こう!

  • 話題のIT会社の追跡取材をしたらギャルとお茶を飲めた話

  • モデルハウスに泊まってみたくてゴリ押ししてみた!

  • 【募集】肥後ジャーナルへのご意見・ご要望、教えてください!!

こちらもオススメです!!

  • 熊本の人気老舗ラーメン店「元帥」が惜しまれつつも10月30日で閉店

  • 【2万円の宿泊代が1万円に!】 第2期天草市プレミアム宿泊割引券が発売 【12月11日(日)18:00まで受付】

  • すっかり有名になった熊本県警の電光掲示板が相変わらず突き抜けている

  • SUIT SELECT(スーツセレクト)が鶴屋New-Sに2月22日オープン!!!

  • 投票して母校の部活にウィダーinゼリーを届けよう!週刊少年ジャンプともコラボ!

  • けいりんオートレースサテライト宇土が12月にオープン予定らしい