1. TOP
  2. 5月の連休後に熊本城天守閣としばらくお別れ

5月の連休後に熊本城天守閣としばらくお別れ

 2017/04/06 ニュース 未分類 熊本地震関連
 

熊本城天守閣の復旧工事

熊本でもあちこちで桜が咲き春の訪れを実感できる季節になってきました。
熊本地震発生から約1年が経過しようとしていますが熊本城復旧のめどはまだまだ立っていません。

そして今現在熊本城の復旧工事があちこちで始まりました。
長塀は足場が組まれ白い丈夫なシートに覆われ大型トラックが通るための道を作るため鉄骨製の橋が組み立てなどが行われています。

それに伴い5月の連休後
足場組立と作業シートの設置で
天守閣をご覧いただけない期間が発生してしまいます。

天守閣足場設置についての計画図

天守閣とは???

城の本丸(ほんまる)に高くきずいた構築物であり
熊本城の一帯で一番高い建物のことを指します。

天守閣を観ることができない期間

天守閣と飯田丸五階櫓(やぐら)の復旧の工事の期間は約2年かかると言われ
2年間という長い期間の間天守閣を観ることができなくなってしまいます。

 

最後に

大天守の復旧は2019年工事完了が目指されていて
飯田丸五階櫓の崩落した石垣の復旧工事も本格的に始まるそうです。

熊本の象徴である熊本城の天守閣の姿が2年間観れないとなると心寂しいですが
復旧した新しい熊本城の姿を桜の満開と共に待ちましょう。

熊本県外にお住いの方も
5月の連休で帰省された際には天守閣の姿を観に行かれてみてはいかがですか?

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級
元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。
少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。
長嶺小・長嶺中・熊本工業出身
県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。
持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ
そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

他の記事も読んでください‼︎  記事一覧

  • ウーロン茶で乾杯!下戸だって熊本の夜を楽しめる!

  • 木造りの良い感じのモデルハウスに行ってみました!

  • 【参加者募集】肥後ジャーナル合宿やります!

  • 熊本県警が選んだ「電光交通情報板」年間大賞!今年の大賞は?

こちらもオススメです‼︎

  • 7月は二の丸公園でミニオンズラン!!走るだけじゃない謎解きアトラクション満載!

  • H.I.Sが熊本地震の被災者向けに長期滞在プランを発表

  • りようが1日限定でお掃除屋さんになった結果・・・

  • ついに再開した大江の「ユナイテッドシネマ(旧名シネプレックス)」に行ってきました!!!

  • 【老舗バイク店】BIKERS・FUTABA(バイカーズフタバ)が12月17日で閉店

  • イチゴの生産者 吉次園【プレゼント有】