1. TOP
  2. グルメ
  3. これが880円???満足和食ランチ旬彩房 悠に行ってみた!!

これが880円???満足和食ランチ旬彩房 悠に行ってみた!!

 2017/03/17 グルメ
 

長嶺にちょっとお財布に優しい
美味しい和食ランチを食べさせてくれる所があると聞きました。

悠の場所はここです!

市営バス小峯転回場停留所のすぐそばにあります。
駐車場はお店の目の前に5,6台ほど停めることが出来ます。
割と車の多い通りなので車に注意して入退店したいと思いました。

 

店内

カウンターにお座敷がありサラリーマンや家族連れでも楽しめることが出来ます。

 

メニュー

おおっ!!880円のランチが沢山あります。レディース膳も花かご膳もお得な内容で迷います。

 

決めました!!

880円のあら炊きランチに決めました!一緒にいる友達は和風ハンバーグに決めたそうです。

ランチが到着
これは・・・!!お盆の上に盛り沢山の小鉢が並んでいます!
大きいあらの上にシミシミのお野菜も乗っていて満足

因みにこちらがハンバーグになります。

 

 

実食!!

和え物とサラダから・・・

 

優しい味の和え物、

 

次はお刺身・・・

880円で美味しいお刺身が食べる事が出来るなんて「満足」の二文字しか表現できません。

 

さて次は・・・

あら炊きです!御飯にワンバウンドして食べて見ようかな・・・

間違いない!!!甘辛くしっかりとした味のあら炊きが美味しいです!思わず無言になってしまいます。
あら炊きを食べるのは蟹を食べるのと同じくらい必死になり無言になってしまいます。(
鯛の骨は強いので気を付けて食べて下さい)

 

そして・・・

珍しい紀州のはちみつ漬けの梅が入った茶碗蒸しです。
これがまた、プルプルで梅のさっぱり感で最後に食べるのに調度いいと思う茶碗蒸しです。
梅が嫌いじゃなければ、この、以外な組み合わせは面白いと思います。

最後に珈琲で〆ました。

 

感想

このお値段でボリューム満点の
美味しい和食ランチを食べる事が出来るなんて嘘かと思ってしまいました。

紀州梅の梅干しの茶碗蒸しは初めてで
後味さっぱりの美味しい茶碗蒸しも新鮮なお刺身もメインのあら炊きも間違いない美味しさでした。
お客様も子連れからお一人様まで沢山賑わっていました。

ランチも美味しかったので夜も利用したくなります。
プレーン、青さ入り、板のり入りの3種類の風味の
出し巻やエビマヨが美味しいと言われていたので
利用してみたいですね。

何よりオーナーさんがおかん、と親父みたいな感じで落ち着く所も通いたくなる点です。
沢山のホテルや旅館のレストランで経験を積んだオーナーさんが作る、
和食ベースの創作料理と会席料理のお店!是非、皆さまご賞味下さい。

美味しい和食ランチを御馳走様でした!

 

旬彩房 悠

■旬彩房 悠■

営業時間
11:00-14:00
17:00-22:00

定休日:日曜日

TEL 096-297-8674

住所:熊本県熊本市東区長嶺南5丁目1-5

 

 

 

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • わざわざ行きたい天草の古民家カフェ「小豆カフェ」でまったりしてきた

  • 「誰か荷物を預かって!!」 観光客が手ぶらで熊本を楽しめる街にしよう!

  • リッチモンドホテル新市街1階にある「肥後馳走屋 いねや」のお得な和食ランチ

  • 水前寺駅北口前!「アゲパンヤ。」でひとつ100円の絶品揚げパンを買ってみた

こちらもオススメです!!

  • こんな所にレストラン?「立田山 薪窯パンGONZINO(ゴンジーノ)」に行って来た!!!

  • 暑い夏に熱いアジア料理!リーズナブルに本格料理が楽しめる並木坂「gecko」

  • 今年の締めは美味しい炭水化物料理で!「RKK感謝祭 炭水化物の乱」が12月29・30日に開催!

  • 今年もこのイベントがやってきた!「はしご酒大会2018」が11月7・8日で開催!

  • アットホームな甲佐町の「くろすカフェ」へ行って来た!!

  • カフェヴィアーレが閉店する前にランチを満喫してきた話