*
とじる
*
とじる
*
とじる

Twitterにてこんな投稿を見つけました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

なんだこれ!?

ということで、早速「城彩苑」に行ってみました。


味に自信なし!返品不可!の挑戦ソフト?どんな凄い味かと食べてみたら…

まだ三月なのにすっかり桜も満開になってしまった熊本城です。もう4月も待たないうちに散りそうな勢いですね…。

平日にも関わらず沢山のお客様で溢れている「城彩苑」。

城彩苑では「ソフトクリーム総選挙」が開催中!

実は現在、「城彩苑」では、ソフトクリーム総選挙が行われています。

城彩苑に出店する各店舗が自慢のソフトクリームを開発して販売!その人気投票をしようという企画です。投票期間は6月10日まで。

果たしてその「辛子明太子ソフトクリーム」も総選挙出品作品なのか?と思いましたが、どう違うらしい。

そのソフトを出しているらしい「五山房」さんへ!

情報によると、その「辛子明太子ソフトクリーム」を出しているのは、熊本の“赤酒仕込み辛子明太子”で有名な「五山房」さんです。

職人こだわりの国産熊本の明太子を出すお店です。

この数々の最高品質の「辛子明太子」が並ぶショップの中で。

入り口付近になにかを発見!?

でた!「辛子明太子ソフトクリーム」の案内看板が!?

味に自信なし!とおもいっきり言い切られておりますが、価格は850円とソフトクリームにしてはなかなかの金額…。

申し訳ありません!と謝られましても…

これはもはやパーティーグッズ的な盛り上げ用商品みたいなものなのでしょうか?

注文してみました!

いらっしゃいませ!

「辛子明太子ソフトクリーム」ください!

お客様!?本当にいいんですか!?

へ!?いや、いいんですかと言われましても・・

食べるのは自己責任!返品なしでお願いしますね!

は、はい!

一体俺はどんなものを食べさせられるのだろうか・・・

数分後…

お待たせしました!「辛子明太子ソフトクリーム」ですね!

出た!ガチな辛子明太子!!

凄い。なんか見た目イチゴジャムに見えそうなんですが、立派な辛子明太子です。

それも少し混ぜてみました!なレベルじゃありません。これでもか!とふんだんに混ぜ込んであります!

明太子のツブのひとつひとつがハッキリわかります!

これは、まさに辛子明太子とソフトクリームの未知なる融合ですね…

ぜひ食べてみてください。

わ、わかりました。注文した手前、必ず全ていただきます!

覚悟を決めて…………

い・・・意外と美味しい!

でしょ!実はそういう逆サプライズ狙いなんです。

POPとかで散々不味そうな煽りを書いてましたが、そういう狙いもありましたか。

始めっからダメな人もいます。でも大半は“意外に美味しい”と評判ですよ!

実は贅沢に使いすぎて“赤字”らしい

確かに甘いものと塩気は合うと思いますが、まさか辛子明太子とアイスが融合するとは思いませんでした。

もちろん、試行錯誤を続けた上で出来た食品です。味に自信なし!と書いていますが、密かには自信はあります。

アイスもそうですが、特にこの練りこまれた辛子明太子もしっかり味が出て美味しく感じます。

それは、本当に品質の高い、うちの商品と全く同じ辛子明太子を使用していますので、正直このレベルだと850円でも赤字なんですよ…

赤字なんですか!?そんな高級なものを使っているんですね。

あくまでうちの看板である「辛子明太子」を使うわけですから、妥協できなくてですね。あくまでPR商品として、話題になってくれたらそれでいいかなと。

まとめ

辛子明太子は、外側だけでなく、中にもしっかり練りこんであります!

一応明太子も、辛いタイプと、そこまで辛くないタイプの二種類が選べるそうですが、大半の方は“やっぱり辛いタイプ”を頼むそうです。

実際、少しピリッと感じますが、アイスの甘みで随分相殺されます。辛さを甘さで相殺するということ自体が謎の食べ方ですが…

話の種に一つ食べてみられては、いかがでしょうか?

■五山房 壱の蔵(桜の馬場 城彩苑内)■

営業時間
9:00〜19:00
※季節・催事により営業時間が変更となる場合があります。

住所
熊本県熊本市中央区二の丸1-1-1

定休日:無休

お問い合わせ:096-325-7530

E-mail:info@onepedal.co.jp

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03