1. TOP
  2. エンターテイメント
  3. 熊本のモスバーガーだけ!JA熊本経済連とコラボした「にこモスバーガー」が県内限定発売!

熊本のモスバーガーだけ!JA熊本経済連とコラボした「にこモスバーガー」が県内限定発売!

モスバーガーがJA熊本経済連と共同で開発した新しいモスバーガーのメニュー「にこモスバーガー」と「にこモスライスバーガー」の2種類を数量限定発売しました!

全国チェーンのモスバーガーの取り組みとしては珍しい、熊本県内の全22店舗のみの限定メニューとなります。

モスでいわゆる「ご当地バーガー」の登場!?

引用元:http://kumamoto.lin.gr.jp/kensanbutaniku/spf/spf.htm

このハンバーガーは、JA熊本経済連がいま非常に力を入れている柔らかな肉質の県産豚「くまもとSPF豚」を用いたポークハンバーグを、全国でもトップクラスの品質を誇る県産トマトのトマトソースでしっかり煮込み、スライスチーズでサンドした贅沢なハンバーガーです!

JA熊本経済連キャラクター「にこちゃん」とのコラボ!

また、県内モスバーガーに貼られた商品ポスターなどに一緒に掲載されているのは、JA熊本経済連のキャラクターである「にこちゃん」!

この「にこちゃん」が関わったという設定での新しいハンバーガーが「にこモスバーガー」です。

しかもこのハンバーガーの販売は、熊本県内のモスバーガーのみ!

2つの特別バーガーを実際に食べてきました!

この商品は11月2日から発売開始。早速最寄りのモスバーガーに!

店内でも「にこモスバーガー」が今イチオシ!

来ました!これが「にこモスバーガー」と「にこモスライスバーガー」です!

早速かぶりついてみましたが、うん!これは美味い!

ハンバーグにしっかりとした厚みとボリュームがあり、ピューレ状のトマトソースが絡んで甘みと酸味がうまく一体化しています。

元々「くまもとSPF豚」は、かなりの衛生面と厳重管理の元で育てられた豚肉ですので、その品質や味は間違いなし!

この「くまもとSPF豚」を使ったハンバーガーは、モスバーガーだからこそ実現した特別なコラボハンバーガーと言っていいでしょう。

 

「にこモスライスバーガー」も登場!このパティにはライスバーガーの方が合うかもしれないと感じました。

少し香ばしいライスにこのトマトソースが絶妙にマッチしています!

販売は2万個限定! 熊本産の特別バーガーをぜひ食べてみて!

この2つのハンバーガーは合計2万個販売時点で終了の予定!

熊本市内のイベント会場で先行発売すると、2日で約2000個も販売!それだけの人気があったようで、その評判でいくと案外2万個も早く売り切れるかもしれませんね!

また、県内食材を積極的に使用することでの間接的復興支援も念頭においているそうです。

きっと食べるなら今のうち!オススメの新バーガーでした。

 

このハンバーガーは、県内モスバーガー22店舗で販売!

モスバーガーHPはこちら!

 

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった
媒体での仕事経験が豊富な上野P
りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。
肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも
グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 本当に日本一?富合にある「日本一たい焼き」のこだわり抜いたサクサクたい焼き!

  • 11月にリニューアルした「たこやき丸 小川店」は回転焼きも絶品!

  • ゆっくり体を休めるなら日奈久の湯で!「日奈久温泉センター(ばんぺい湯)」の癒しの家族風呂

  • 創業40年以上!街でちゃんぽんが食べたいなら「中華料理 桃源」

こちらもオススメです!!

  • シェタニ流団店の敷地内にパン屋がオープン!【9Boulangerie】

  • 【復興】元祖熊本らーめんこだいこ【グルメ】

  • 人気店のパン・オ・ルヴァンで噂のモーニングとパンオードブルを頼んでみた!!

  • 大事故に巻き込まれ休業していた小さなパン屋が復活したと聞きつけ菊陽町まで行ってきた!

  • 立ち食いレアステーキ専門店「松本ステーキ」in下通り

  • 創業40余年!老舗喫茶の神髄がここにある!「喫茶ペコ」