*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本県災害ボランティアセンターが5月31日をもって閉所【今までありがとう】

ライター:上野P 上野P

「熊本地震」の“前震”の翌日から発足した「熊本県災害ボランティアセンター」が一旦その役割を終えます。

引用元:https://www.facebook.com/kumashakyo/

熊本県社会福祉協議会」からの発表によると、平成30年5月31日をもって熊本県災害ボランティアセンター」が閉所することになったそうです。

すでに各市町村単位での「災害ボランティアセンター」は、今年3月末をもって全て閉所されており、その後処理などで熊本県のセンターだけ運営していましたが、5月末に終了となるようです。

今後の活動は、また新たな災害が発生しない限りは「熊本県社会福祉協議会」本体内の活動として進められていくそうです。

熊本地震から2年以上、まだ復旧・復興はこれから!という地域も少なくは無いかとは思いますが、全国からたくさんのボランティアを受け入れてきた「熊本県災害ボランティアセンター」の閉所は、熊本地震からの一つの区切りとなります。

関わったボランティアの皆さまの数は、「のべ12万人」

熊本地震前震の翌日からスタートしたボランティアセンター。「熊本県社会福祉協議会」が公表しているボランティア活動者数は、4月18日(月)に一番最初のボランティア受け入れが始まり、17名を受け入れています。翌日19日には175名となり、その4日後の23日には2663名と急増しています。

そして4月30日(土)には、統計上1日最大数の3402名を記録。4月半ばの震災発生で、その月末には、3000名を超えるボランティアの皆さまが全国から集まり、復旧を手助けしてくださいました。

記載によるとボランティアの受け入れは、なんと今年の3月3日までおこなわれており、その日は6名のボランティア活動数。

一番最初の28年4月18日から、30年3月3日までのボランティアののべ数でいうと、120516名。実に12万人がボランティアとして関わってくださりました。

まだまだ、復興完了までは道半ば。ボランティアに携わってくださった方々はもちろん、応援してくださった皆さまに感謝しつつ、熊本に住む私達も頑張っていきましょう!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

住宅街内の隠れた名店!こだわりのベーグル専門店「ADA工房 Bagel Kitchen」

2019.04.03

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

行列のできるラーメン屋「天外天」の週末1番並んでいない時間を調べてみた!

2019.03.15

電子マネー戦国時代に突入!熊本人ならくまモンのICカード??検証してみた!

2019.03.08

PUBLIC RELATIONS

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

西合志庁舎が生まれ変わる!?「ルーロ合志」が10月にオープン

2019.03.14