*
とじる
*
とじる
*
とじる

こ、これは・・・あれですよね?分かる人は世代が出る“あのキャラ”が丼に

とあるTwitterの書き込みが、大変話題を呼んでいるそうです・・

https://platform.twitter.com/widgets.js

おいちょっとまて

このサングラス風なイメージの海苔。これはまさに「静かなるドン」

いやー懐かしいなぁ。「静かなるドン」。近所の床屋に全巻揃ってたので、順番待ちの時にはよく読んでたんだよねー。

静かなるドンってなんすか?それ?

し、しらないのか!?ヤクザの後継なんだけど普段めっちゃ小心で優しくて、でもサングラス掛けると途端人が変わって超ダンディーになって・・・

しらないっす。

こ、ここでも平成生まれと昭和生まれの明確な世代差が出るのか・・・

気を取り直して・・週刊連載1000回以上、コミックスが100巻の大台に到達した超長寿の人気漫画です。

実写版でいうとやはり主人公は「香川照之」。それ以外は認めない!と私は結構思い入れも強いマンガですが、その思いの強いTwitter民が結構いるんだなぁというのが嬉しいですね!

早速確かめに行ってきた!

とはいえ、本当にあの丼が存在しているのか確かめなければ!ということで、販売元の「本まる寿司」さんに行ってきました。

熊本の県庁通りにあるリーズナブルな価格で回らないお寿司店のようです。

ランチ、出前、各種宴会はもちろんのこと、店内での豪快な「マグロ解体ショー」もみどころとの事!

以前は峰寿司さんがあった場所ですね。

店内は広々としていまして、カウンター、半個室ともに綺麗で清潔感溢れるところです。

雰囲気もいいですね!

いやービックリしたよ。今年から出してみた丼なんだけど、インターネットでどうも話題になってるって聞いてます。

あのチョイスはまさに私と同世代に近いですね!ところで、あの写真にはサングラス風の海苔とご飯しか写ってないように見えるんですが・・・?

もちろんあれだけじゃありませんよ!実際に丼のご飯を少し掘ってみて頂けると分かるかと思います!

あるほど!ところであのアイデアはご自身の?

私です!私もあのマンガは大好きで、それで丼とドンでつい閃いてしまって。ああいうスタイルは初めて出してみたけど、反響がいいならまた考えようかな。

「静かなる丼」を持ち帰ってみた!

実際の現物を見ても、なんだが不思議な丼です・・・

これを見て、静かなるドンの「近藤静也」だ!と思うのは、流石に限定されるでしょうね。

なんせ見た目はご飯と海苔しかありません・・

しかし!言われた通りご飯を掘ってみると!?

おお!ご飯の下から海鮮が見える!!

なるほど!ご飯が蓋となって海鮮が隠れてるんですね!

話によると、具材はその日の一番良いと感じたものを選んで、日替わりで敷いているそうです。

こちらのメニューに「海鮮あられ丼」というのがありまして、それが海鮮を食べやすく刻んだ状態のを乗せているメニューのようです。今回はそれのアレンジバージョンかと思われます。

サーモンの他、色んな新鮮なお魚が混ざっております。初めからご飯の下に入っているので、ご飯と共にガッツリと頂けます!

美味しくてドンドン食が進みます!

ご飯の酢の具合もちょうど良く、名前は静かなる・・ですが、具材は大賑わい!

パロディーかと甘くみていたら大違い!また食べたくなる絶品の丼でした!

チラシに載っていたらなんだと思う?

様々な丼のラインナップの中に、中央に突然あらわれた「静かなる丼」

そりゃ「ちょっとまて!」と思うよね。それ以前に、私ら世代以下の方々は、「一体なに?」となるよね・・

どうも原作者「新田たつお」先生にも情報が伝わったらしい。

新田先生にもこの静かなる丼の情報が伝わったらしく、ドギマギしていると店主の話。

気になったら、ぜひ「本まる寿司」さんまでご来店を!!

本まる寿司

営業時間
11:00〜15:00(ランチ)/17:00〜22:00(ディナー)

定休日:不定休

住所
熊本県熊本市中央区神水1丁目25-1(駐車場:33台完備)

電話
096-385-7878

地図

本まる寿司ホームページはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25

行列のできるラーメン屋「天外天」の週末1番並んでいない時間を調べてみた!

2019.03.15

PUBLIC RELATIONS

宇城市に「幸せの鐘」が誕生!宇土市「月弓の鐘」、美里町「恋人の鐘」と一緒に回って幸せに!【43歳独身男子がゆく】

2019.03.25