1. TOP
  2. グルメ
  3. 【山鹿和栗フェア】心ときめく「山鹿和栗洋菓子店An」で栗スイーツ三昧!

【山鹿和栗フェア】心ときめく「山鹿和栗洋菓子店An」で栗スイーツ三昧!

くまもと山鹿和栗スイーツフェア開催中

西日本一の栗の生産地という山鹿で、現在「くまもと山鹿和栗スイーツフェア」が開催されています。参加店舗は18店舗ありますが、その中でも、栗のスイーツを10種類以上販売しているという、「山鹿和栗洋菓子店An」を訪ねてみました。

 

心ときめくかわいい洋菓子店

お店は、山鹿の「あんずの丘」の中にあります。入口では、栗の看板と大きな栗のタペストリーがお出迎えしてくれます。グリーンや雑貨も飾ってあって、かわいらしいつくりに、心が躍ります。

手作りのかわいい看板。手書きの文字とイラストが、ぬくもりを感じさせてくれます。

 

店内には、栗のスイーツがもりだくさん!

お店に入ると、もうそこは栗ワールド!かわいらしいイガグリの飾りつけとともに、並べられた栗の焼き菓子たちが、秋を感じさせてくれます。

ショーケースの中にも、栗栗プリンや丸ごとマロンパイなど、栗づくしのスイーツが並び、目移りしてしまいます。

 

併設のカフェで、お得すぎるケーキセットを実食

ショップの奥にはカフェが併設されていて、ここではケーキ&ドリンクのセットが500円という安さで楽しめます。ケーキの種類もたくさんあって、どれにしようかと悩んでしまいますが、悩む時間もまた幸せ。

ケーキのチョイスに悩みましたが、やっぱりここは王道を!と、山鹿和栗のモンブランと、カフェオレのケーキセットをオーダーしてみました。

運ばれてきたモンブランの上には、ごろっと愛しい和栗ちゃん。食べてみると、和栗のクリームが、なんとも優しい甘さ、そして上品で感極まるおいしさです。下のスポンジもふわふわで、優しい甘さの和栗クリームとの相性も抜群!続いて、栗栗プリンも食べてみることに…

ん~~~っ!とろける!プリンとは、飲み物だったのか!と感じさせるほどの、とろとろのプリン!洋酒の香りもきいていて、なんだか大人の味です。栗プリンの上に、マロンクリーム、そして、トッピングに栗、という栗の三重奏、こちらも絶品でした。

 

くまもと山鹿和栗スイーツフェア、11月末まで開催中

地元の和栗を、モンブランやまんじゅう、ソフトクリームといった、様々なかたちで味わえる、山鹿和栗スイーツフェア。ほかにも、山鹿市内のカフェなど、いろいろなお店で、11月30日まで開催中です。スタンプラリーもあり、最低3店舗めぐって応募すると、抽選でプレゼントが当たるという、うれしい企画も…。西日本一の和栗の生産量を誇る山鹿で、旬のスイーツの食べ歩きを楽しんでみられてはいかがでしょうか。

 

■山鹿和栗洋菓子店An■ 

営業時間:10:00~17:00
定休日:第2・第4火曜日
TEL 0968‐48‐4648
住所:熊本県山鹿市菊鹿町下内田733(あんずの丘内)
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

他の記事も読んでください‼︎  記事一覧

  • 【酒場放浪記】1,000円でビールと上質なあか牛が堪能できる「肉まみれ」

  • まるで宝石箱!「月亭」の手作り自然派ランチに感激

  • 西日本最大級!「阿蘇健康農園」の巨大温室でのいちご狩りがパラダイスだった!

  • 1月オープン!話題の「ハンバーグ岡むら」のランチを食べてみた

こちらもオススメです‼︎

  • 少し贅沢な気分になれる和食ランチのお店幸福論

  • 幸せを呼ぶ青い蜂ってどんなとこ?こども食堂「ブルービー」に行ってみた!!!

  • ダイニング くむで食べる手ごね和牛ハンバーグ

  • 【孤独の食べ放題】ステーキガストのカットステーキ食べ放題に行ってきた!【次回は12月7日】

  • 阿蘇の「いまきん食堂」の前で不思議な看板の本屋を発見!“お菓子な本屋”って一体?

  • 手打ちうどんみしま〜ひやひや〜