1. TOP
  2. グルメ
  3. 師走といえば“いちご大福”?米白餅本舗の「おっきないちご大福」が販売開始

師走といえば“いちご大福”?米白餅本舗の「おっきないちご大福」が販売開始

いちご大福は数あれど、一味違ういちご大福が販売されている「米白餅本舗」さん。その名も「おっきないちご大福」。

毎年冬場限定の大福が、今年も販売開始とのことで、辛党でもあり甘党でもある食に節操のない私が、米白餅本舗さんにお伺いしてきました!

 

米白餅本舗のおっきないちご大福

私が、この「おっきないちご大福」の存在を知ったのは、「米白餅本舗」のSNSを見た時です。

これは美味しそう!はみ出んばかりの“いちご”を大福がサンドしています。まるで佐世保バーガー並みのボリューム感!

今年はいつもと違い、県産いちごの新種「ゆうべに」を新たに採用したバージョンアップな「いちご大福」のようです。このいちごこそ“いちご大福”に最適!と、米白餅本舗さんが話されていました。

 

そのフォルムも美しい!

光輝く県産いちご「ゆうべに」に、厳選された北海道産の大納言小豆のあんこです。北と南の名産地が生み出したハーモニーがこの大福なわけですね。

都会の高級料亭のデザートとして出されても全く遜色のない、堂々としたスイーツのお姫様です。

後ろから見ると、挟むというより、後ろからかぶり付いているようにさえ見えます!それだけこのいちごのボリュームが凄いことが伝わってきますね!

 

 

米白餅本舗にお伺いしました!

水道町にあるお店にお伺いしました。急な取材にも関わらず、田尻社長自らご対応頂きました。

贈答用には箱タイプで!この大福なら客先でも喜ばれそうですよね。

おっきな大福は、いちごだけでなく、パインやキウイなどの種類も豊富に揃っています!

1個240円

こちらは二個パックになります。昨年まではいちごは「ひのしずく」だったのですが、今年からいちごは「ゆうべに」を採用。

いちごの甘さもそうですが、このいちごの“酸味”も絶品!このいちご特有の酸味が、あんこの甘さをより一層引き立てくれるのです。

今年さらに生まれ変わった米白餅本舗のおっきないちご大福、ぜひ一度食べてみてください!

 

■米白餅本舗 水通町本店■

営業時間
9:00~19:00(日曜は15時まで)

定休日:火曜日

住所
熊本県熊本市中央区水道町8-1

電話
096-322-8892

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった
媒体での仕事経験が豊富な上野P
りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。
肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも
グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 多良木高校最後の文化祭「多良木高校 木綿葉(ゆうば)フェスタ」が12月8日に開催!

  • 曜日毎にお店が変わるシェアストア「みんなのふね」 日曜日の「お食事処 さくら」の夕ご飯セット!

  • 本格的なイタリアナポリの定番!「揚げピザ ソリーゾ」のお手軽 揚げピザが絶品!

  • 料亭の味が手軽にランチで味わえる!御船の料亭とらや併設店「お食事処 三軒屋」のオンリーワンランチ!

こちらもオススメです!!

  • ごまねぎうどんや巨大かき揚げに満たされるお店「庄屋うどん」

  • 少し贅沢な気分になれる和食ランチのお店幸福論

  • 夜の魚屋さん〜お得に美味しい魚が食べられるお店〜

  • 落ち着く隠れ家的雰囲気の「隠れ茶房 茶蔵熊本店」で絶品ランチ!

  • 広島お好み焼き廣〜肉玉ソバ〜

  • 冬は覚悟必要?露天風呂のみの天然温泉「きしゃぽっぽ」