*
とじる
*
とじる
*
とじる

1月13日まで!屋内展示では史上最大「アートアクアリウム城」が熊本城ホールで開催中なので行ってみた!

ライター:まりあ アバター

桜町の熊本城ホールの展示ホールで開かれている「アートアクアリウム城〜熊本・金魚の興〜&ナイトアクアリウム」。屋内での展示は史上最大級で、アートアクアリウム城のタイトルでの開催は二度目…らしいのですが、アートアクアリウムってそもそも何???  調べてみたら

アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムが融合した水族アート展覧会

らしいです。正直に調べてもピンとこなかったので、実際に行って確かめてきました!!


熊本城ホール展示ホールで開催中! 「アートアクアリウム城」

やってきましたSAKURA MACHI Kumamotoの熊本城ホール。「アートアクアリウム城」以前に、熊本城ホール内に入ったことが無いのでワクワクしております。

展示ホール入り口を入るとすぐに受付があるので、迷うことはありませんでした。訪れたのは土曜日だったので、幅広い年齢の方々が会場内にたくさん。さぁ潜入です!!

一体何匹いるんだ! 金魚が優雅に泳ぐアートアクアリウム

全国各地で開催されているアートアクアリウム展ですが、熊本が屋内展示では最大規模だそう。そして会場内では、すべて特注という金魚鉢や伝統工芸品の器の中を優雅に泳ぐ金魚を見ることができます。器に描かれた、目がくりっとした金魚が可愛いぃ。

こちらは、虫眼鏡で金魚を見られるイメージの水槽。こんなドアップで金魚を見たことが今まであったでしょうか。金魚の目って、案外黒目が大きいという新発見ができました。

金魚はもちろんですが、器や金魚鉢から日本の古き良き伝統文化や最新技術まで一気に見ることができます。写真を撮る手が止まりません。

その高さ約4m! アートアクアリウム史上最大の「超・花魁」

館内中心部に進むと見えてくるのは、アートアクアリウム史上最大の「超・花魁」! その高さは約4m! こんな巨大金魚鉢がこの世に存在するんですね…。 ちなみに、3,000匹も泳いでいるらしいです。数えようかと思いましたが、泳いでいるから不可能だと悟って止めました。

照明は7色に変化しますが、最も金魚が綺麗に見えるのはこの色のはず。もちろん、他の色だとまた違った雰囲気で見ることができます。

ご利益があるかも!? 会場内に金色のおさい銭箱が出現!

小さくて愛らしい金魚が導いてくれる長ーい長ーい「金魚参道」を進んでいくと…

真っ赤っかで巨大な拝殿が出現!!

そして、中央にどどんと置かれているさい銭箱型の水槽「祈願金魚箱」。勉強不足でしたが、金魚って繁栄の象徴らしいです。さらに、金色の金魚ってものすごくご利益ありそうじゃないですか。念入りに金運アップを祈願しておきました。

上を向いて歩いていくと…!

さてさて、終盤に差し掛かってきましたが金魚が見当たりません。そして、天井を指差ししている方がいます。

上を向いてみると、天井に金魚が!!!! 「天井金魚」とタイトル通りの作品は、水族館でしか体験できないような違った角度から金魚を見ることができます。金魚のお腹って、見る機会は少ないので新鮮。案外ぽよんとしたお腹…。

アートアクアリウム展限定のグッズ販売所もあるので、お土産も購入できます。

見た目が愛らしいドリンクがいっぱい! 「金魚BAR」

超・花魁」の横には、アートアクアリウム以外にも金魚をモチーフとしたドリンクやグルメが楽しめる「金魚BAR」があります。イケメン店長さんがいるからか、女性のお客さんが多かった気がします。

熊本限定のメニューも数点ありますが、「アートアクアリウム金魚カクテル〈〈琉金〉〉」(税込1,200円)を推したい! 飴細工で作られた可愛い金魚の尻尾、ヒレをイメージさせる表面の模様、甘酸っぱいいちごとヨーグルトのドリンク。かわいい金魚をじっくり見ながら味わえるので、ここでもついつい時間を忘れてしまいます。

ノンアルコールにもできるので、小さなお子さんでも飲めます。また、ここにもタピオカドリンクが売ってありました。

大晦日以外は毎日開催! 17時以降はナイトアクアリウムに

超巨大な水槽から、きらびやかな賽銭箱まで。すべてをゆっくり見て歩くと、いつの間にか数時間は経過してしまう「アートアクアリウム城〜熊本・金魚の興〜&ナイトアクアリウム」。私も金魚のペースに飲み込まれて、長時間滞在しちゃいました。

17時以降はナイトアクアリウムが開かれているそうなので、また違った雰囲気でアートアクアリウムを堪能できるとのこと。さらに、週末にはたくさんのイベントが開かれているそうなので、もう一度行かねば!

なお、館内での動画撮影とフラッシュ撮影は禁止です! 写真撮影自体はOKなので注意事項を守った上で、バシバシ写真を撮って思い出を残してくださいね。

アートアクアリウム城〜熊本・金魚の興〜&ナイトアクアリウム

開催時間

月〜木 11:00~20:00(最終入場 19:30)
土   11:00~22:00(最終入場 21:30)
日・祝   10:00~20:00(最終入場 19:30)
※最終日1月13日は、 10:00~17:00(最終入場 16:30)

ナイトアクアリウムは17:00~閉館時間まで

休館日

12月31日

入場料

一般(高校生以上):1,200円
子ども (中学生以下):800円
3歳以下:無料

※未就学児保護者用同伴
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方は、本人のみ100円引き

住所

〒860-0805 熊本県熊本市中央区桜町3

電話番号 096-359-9051 (KAB)

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

アバター

まりあ

地方経済雑誌で記者と営業を経験した後、フリーライターとモデルになりました。25歳になったので年齢が見た目に追い付いてきたはず。

このライターが書いた他の記事

初日は本人が来熊!12月7日〜25日まで熊本パルコで【世界のYOKO FUCHIGAMI】期間限定ショップオープン

2019.12.03

自分好みの味と香りの珈琲豆に出会うならここ!南区野田の自家焙煎珈琲豆専門店「コーヒー焙煎研究所 わたる」

2019.12.02

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal