*
とじる
*
とじる
*
とじる

ふるさと納税返礼品に「市電運転体験」が追加!熊本市民でもふるさと納税は可能?

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

熊本市のふるさと納税返礼品に“体験型特典”が新たに追加

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/熊本市交通局0800形電車

昨年、熊本市の「ふるさと納税」額は、熊本地震への支援もあり過去最高額だったそうです。

その「ふるさと納税」の寄付の返礼品として、今までの“お得な品”だけではなく、“特別体験型の特典”というスタイルが各市町村でも出てきています。熊本市も12月1日から、新たに“特別体験型の特典”を追加したようです。


引用元:https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=15589

市電の運転体験やロアッソ観戦パックなど!

この体験型返礼品の一つ「市電運転体験」は、3万円以上の寄付が対象。先着20人に、来年3月「上熊本車両基地(西区)」において、超低床電車「COCORO」を運転体験できるそうです。

他にも、ロアッソ試合観戦に付属するサービスとして、寄付額(3万円以上)に応じ、試合前にコートへボールを蹴り込む“セレモニーキッカー”の権利がもらえたり、ボール管理をするボールパーソンを実地体験できたり、DJブースなどのバックヤードツアーもあるそうです。

新しい“ふるさと納税”で人気を得よう!

今までの物品への返礼が、加熱しすぎて総務省からも注意を受けるなど、今までのあり方ではない手法が必要とされる中、この新しい試みで、ふるさと納税がまた違う視点から支持を得られる可能性があります。

熊本市民でも熊本市に「ふるさと納税」は事実上可能。・・・返礼は?

この体験型の特典ですが、地元の人間でも「ふるさと納税」ができるのでしょうか。「熊本市役所」に問い合わせてみました!


その結果、
☆熊本市民でも熊本市への「ふるさと納税」はルール上可能

☆だが、“物品での返礼品”は付けていない。

☆しかし、「体験型の特典」は特例としてお付けする!

ということでした。


熊本市民の方が熊本市に「ふるさと納税」しても、「市電運転体験」などの“特別体験型の特典”は受けられるそうですので、ご安心ください!

詳しくは熊本市のHPでご確認を!

この「ふるさと納税」に関して、詳しくは熊本市HP内の

「熊本市ふるさと応援寄附金」ついてをご確認ください!

現在は、クレジット決算でも寄付できるそうです!

この機会に熊本市への「ふるさと納税」はいかがでしょうか?

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

【熊本市西区】ご飯によく合う!明治創業の老舗『田楽家』で田楽定食に癒される

2023.10.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal