*
とじる
*
とじる
*
とじる

菓子屋「果乃璃」のソムリエ珈琲とパティシエケーキで最高のペアリングを!褒められギフトはここで決まり!!

ライター:ogin ogin
キーワード:

浜線の東バイパス沿いにあるマリーグレイスお隣に、昨年秋にオープンした菓子屋「果乃璃」

全てを自家製にこだわったランチセットや、ケーキと自家焙煎珈琲とのペアリングを提案してくれることで人気の高いお店。

ミルフィーユとクリームブリュレが合わさった期間限定の「千ノ葉ブリュレ」がどうしても食べたくて、春の陽気に誘われて行ってきました!


この建物…実は「木造」なんです!

シンプルな店構えで、洗練された佇まいが一際目を惹くデザイン。モルタルの落ち着いた雰囲気が魅力的な果乃璃さんですが、この建物実は木造だなんて驚きですよね!?

あまりにも品のあるお店なので、子連れで入るには気が引けていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これからの季節はテラス席でも過ごしやすいので、テイクアウトをしてゆっくり気兼ねなく過ごされるのもいいですね。

ちなみに、お店の方はお子様にも優しいのでご安心を!

居心地の良い空間で味わえる贅沢

店内に入るとまずお出迎えしてくれるのが、可憐な花々。毎週その季節にあった生花や枝ものを、お花屋さんがピックアップしてアレンジしてくださるそう。

ちょうどお花の入れ替えをされる日に取材をしたので、今頃はきっと表情の違うお花が飾られていますよ。

それでは、暖簾をくぐり早速店内へ。

まず目に飛び込んでくるのは、存在感のあるショーケース。

画像右の1番大きなケーキ|金字塔 2,160円(税込)

世界最高のお菓子と呼ばれる幻のガトーマルジョレーヌをリスペクトし、果乃璃風にアレンジされたという「金字塔」はこちらのお店で最初につくられたお菓子。

※季節に合わせたケーキのラインアップになります。

抹茶やショコラ・焙じ茶キャラメルなどのテリーヌから、紅はるか・和栗・干し柿などを使った珍しいケーキまで様々なスイーツで彩られています。

また店内奥のイートインスペースには、岩壁やコーヒーを淹れる器具にも使用される銅板で出来た壁・木製のテーブルにモールテックスという左官材を塗ったモルタル調のテーブルなど様々な空間演出が施された面白さ。

落ち着いた音楽と少し暗めの店内で、照明の陰影を愉しみながらゆっくり過ごすことができます。

寛ぎながらケーキバイキング気分!

ケーキやコーヒーの単品の他に、セットメニューは数量限定の「ランチセット¥1,650(税込)」と「スイーツ&コーヒーセット¥880(税込)」の2種類。

今回お目当ての「千ノ葉ブリュレ」は、どちらのメニューにも+¥550(税込)で選ぶことができます。

また、胃袋に余裕がある場合は、お代わりコーヒー・スイーツ追加が共に¥220(税込)で出来るのでケーキバイキングのように楽しまれる方も少なくないとか。ショーケースのサイズよりは、スマートにはなりますが金字塔だって選べます!

中には、お連れの方とシェアしながら全制覇されたツワモノまでいらっしゃるそう。

季節のフルーツに彩られ運ばれてきた個数限定の「千ノ葉ブリュレ」。アーモンドやキャラメルに近い香りがするという中深煎りのおすすめペアリングコーヒー「グアテマラ」と一緒にいただきます。

キャラメリゼされた表面をパリパリっと割って、バターの香りがするパイとクリーム、コクのある味わいのカソナード(さとうきび100%フランス産ブラウンシュガー)を使ったクリームブリュレの3層を一口で味わう贅沢。

異なった食感に甘さとほろ苦さ、コク深い味わいと豊かな風味が絶妙な一品です。お皿に添えられたイチゴやピスタチオで、自分好みの組み合わせを探してみるのもいいですね。

参考|シェフ特製サンドセット1,650円(税込) スープ・スイーツ・ドリンク付

こちらは、特製パンに北海道産のタラと自家製タルタルを使用したフィッシュサンド。2種類のチーズとタラのフライにタルタルという組み合わせを紫キャベツのピクルスが、さっぱりと仕上げてくれます。

スイーツとドリンクの他に季節のスープも添えられるランチセット。葉の部分まで余すことなく美しく彩られたカブのスープは、なんだかホッとする優しい味がしました。

こちらのランチセットは、季節に合わせてメニューを変えられるそうなのでお店のInstagramをフォローしてご来店前にぜひチェックされてみてください。

大切な方へ贈るギフト

「今後は、夜カフェもやってみたい」と話す店長の菊井さん。ソムリエでもある菊井さんだからこそできる繊細で丁寧なお店づくり。

メニューひとつとっても豊かな味の表現と、コーヒー好きにもスイーツ好きにも選びやすいペアリングの提案がしてあり、菊井さんのお人柄が感じられます。

元々はギフト専門店として考えられていたそうですが、大切な方へ贈るギフトを贈る方自身でも気軽に吟味できるお店にしたいとカフェを併設されたそうです。

春は新しい生活のスタート。焼き菓子1つから丁寧に木箱へ入れてくださるので、これからお世話になる方へのご挨拶にもピッタリです。

大切な方へ気の利いたセンスあるものを贈りたい!そんな時は、菓子屋「果乃璃」さんへぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

菓子屋「果乃璃」

住所

熊本市東区画図町大字所島205番9

駐車場

約15台

定休日

火曜日

営業時間

10:00〜17:00(lo.16:30)
※月曜日テイクアウトのみ営業(祝日除く)

Instagram

https://www.instagram.com/kanori_kashiya/

オンラインショップ

STORES
https://kashiya-kanori.stores.jp/

電話番号 090-3505-1880(営業時間内のみ)

ライター紹介

ogin

ogin

なかなか昭和から抜け切れずにいるogin。人の想いや温もりに触れることが好きで、頭の中でひとり情熱〇陸を繰り広げる日々。泣いたり、笑ったりしながら楽しく生きています。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal