*
とじる
*
とじる
*
とじる

9月15日から11月29日までの2カ月半、イオンモール熊本で熊本地震復興を願い、木下大サーカスが開催されていました。公演最終日に、熊本県葦北郡芦北町出身の団員、高岡由侑さんにインタビュー。高岡さんは空中ブランコショーでピエロ役を務めました。所属して初めての故郷・熊本公演では、震災の経験もあり特別な思いがあったといいます。「公演を通して『熊本県民だと胸を張れた』と話す高岡さんに、熊本公演での感想や、震災復興に対する思いを聞きました。


芦北町出身の団員、高岡由侑さん、熊本公演に感じた特別な思い

―本日は公演最終日というお忙しい中、取材に応じていただきありがとうございます。

高岡由侑:よろしくお願いします、木下大サーカスの高岡由侑(たかおか よしゆき)(34)です!

―出身地、熊本での公演に対する思いをお聞かせください!

高岡:所属して初めて、出身地である熊本で公演できました。サーカス団としては、「たくさんの人に愛と希望、夢と感動を届ける」という復興を目的とした公演でした。加えて、個人的には故郷への凱旋公演という思いが強く、より一層身の引き締まる思いでした。「自分が演技する事で、復興を支援できるのか?」という不安を感じる中で、お客様から「応援してるよ!」と何度も声をかけていただいたことが励みになりました。親や友人、学校の先生など身近な方々の応援や、何度も見に来て声をかけてくださる方の存在に支えられてきた2カ月半でした。

テレビをはじめとしたメディアからも連日取材され、地元の盛り上がりに貢献できていると実感できて、非常に嬉しい思いでした。出身地である芦北町役場からも足を運んでいただき、芦北町全世帯に配布するフリーペーパーに掲載していただきました。ひとひとつの出来事が強く印象に残っており、大切な公演になりました。

私はピエロの姿でハイタッチしながら、お客様に触れ合いました。握手を交わした際、握り返された手の力強さと、体温の厚さが今でも感じられるほどしっかりと残っています。

「公演を通して、熊本県民だと自覚できた」

―公演の期間中に、熊本に滞在して感じたことは?

高岡:街中にでかけることもあったのですが、テレビコマーシャルに私の姿も写っているので「あれ?あのピエロの・・・」と気付かれて声をかけられることもありました。それだけ注目を集め期待されていることが実感できて、モチベーションに繋がりました。

―有名人ですね!震災がから1年以上経ちましたが、当時ニュースを聞いてどう思われましたか?

高岡:これまで大地震なんて他人事だと思っていましたし、「まさか阿蘇大橋が落ちるなんて・・・」と衝撃を受けました。公演で全国各地を回りますが、故郷ということもあり、日本で1番好きな県です。当時を振り返ると、遠く離れている自分に後ろめたさを感じ、「自分が『熊本県民』だと堂々と言って良いのか?」と悩んでいました。だからこそ、この公演で、地元熊本に元気を与える一旦となり、堂々と「私も熊本県民だ」と胸を張れるようにしたいと心に決めて舞台に上がりました。

人生の岐路になった今公演「次の公演は復興した熊本で」

高岡:今回の熊本公演は自分にとって人生の岐路になりました。毎日全力を出し切り、少しでも熊本の笑顔に貢献できたと思っています。まだまだ、仮設住宅に入居されている方など元の生活に戻れない方もおり、大変な日々が続きますがが、熊本は必ず復興し、より発展を成し遂げると思います。そのパワーがある事をこの公演で感じました。次回の熊本公演では復興した熊本に帰ってきて、お互い発展して、今とは違った形で会いましょう!

まとめ

高岡由侑さんへのインタビューを通して、ふるさと熊本に、大きな思いを抱いて向き合ってきたのだと実感しました。インタビュー後、最後の公演も鑑賞し、独特の雰囲気の中で力強くユニークなパフォーマンスに感動しました。次の公演がいつになるかはわかりませんが、復興して元気いっぱいの熊本で開催していただきたいですね。熊本県民に笑顔と元気をありがとうございました!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

合志市御代志にオープンした「肥後和菓子処 京櫻(きざくら)」!和菓子はもちろん、内装まで手作りの素敵なお店!

2019.06.28

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

2019.05.11

Made in 熊本のファッションブランド!今年1月にデサキ熊本菊陽店にオープンした「gogaku」

2019.04.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

PUBLIC RELATIONS

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

【10月5・6日公演】あの名作におてもやんが登場!?爆笑ミュージカル「ロミオとおてもやん」

2019.09.27

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal