*
とじる
*
とじる
*
とじる

宇城市の無人島で「グランビング」が楽しめる施設が誕生!?

宇城市三角町にある無人島「寺島」に、久留米市を中心に食品販売や旅館などを手がける「ベストアメニティ株式会社」が、グランビングを中心としたリゾート施設を開発されるそうです。

「グランビング」ってなに?

引用元:http://camphack.nap-camp.com/554

言葉の意味としては「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語で、自分でキャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然環境の中でホテル並みの快適なサービスを受けることができるキャンプスタイルのこと言います。

今熊本でも流行っていて、なにより一番の魅力は荷物を持たずに身体ひとつで行っても本格的なアウトドア体験ができます!

「グランビンク」施設が誕生中!

既に新しいリゾートとしてグランビングを準備している施設が多数あります。
キャンプを紹介するメディア「CAMP HACK(キャンプハック)」では国内グランビング20選ということで特集され、グランビング施設の中でも高級ホテル並みにサービスまで提供するところや、野外のキャンプ風な宿泊施設だったりと、現在は結構幅広い状態になっているそうです。今回予定されている無人島でのグランビングはどのようなスタイルになるのかは期待大ですね!

ちなみに「寺島」はここ!

三角・大矢野・上天草に挟まれた三角湾の真ん中くらいにポツン!と存在する小島のようです。
詳しくは、三角東港から約1.5km南側にある島で、広さは約5ヘクタール。

テントだけでなく、ロッジやトレーラーハウスなども含めて、全体で300名程度が一度に宿泊できる施設を整備されるようです。
2019年春のオープンを予定。島ではスポーツクライミングや子供の体験施設なども準備される予定。

「寺島」の動画


これは寺島のそばにある「寺島灯台」を撮影した動画です。

最後に

本格的な場所で非日常の体験が安心してできるので、家族連れの方にも安心ですね。

2019年の春にオープンする予定なので、再来年の夏まで期待して待ちましょう。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal