*
とじる
*
とじる
*
とじる

【上野P参戦】“3333段の石段を10時間登り続けるイベント”が今年もクリスマス前に開催!

ライター:上野P 上野P
キーワード:

「第5回 10時間耐久石段チャレンジ」が今年も12月23日に開催!

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=negTqjaxNWQ

日本一の石段10時間耐久チャレンジ

この試みがいかに過酷なチャレンジであるのかは、登ったものでないとわからない。石段で力尽きて大の字で倒れ込むな方も・・・

肥後ジャーナルでは昨年も記事としてご紹介させて頂きました!

【筋肉崩壊】3333段の石段を10時間登り続けるというもはやサバイバル的なイベントが開催されるらしい

これがいかに過酷なチャレンジであるかがわかる動画がこれ!

そして、この石段チャレンジのニュース映像もありました!

毎年何故かクリスマスイブ前に行われるこのイベントは、初心者の方にとって3333段の石段を上がるだけでも過酷です。

まして、それをもう一回やれと言われたらその時点でへなへなと倒れてきっとギブアップ。

昨年、私が石段耐久の記事を書いた際にその記事をチェックした「りよう」氏は、私に向かって一言。


じゃ、来年は体験記ですね。よろしく!

ということだったので・・・
今年は私、上野Pも日本一の石段10時間チャレンジ」に参加させて頂きたいと考えております。

上野Pは果たして石段を登れるのか!?


ところで3333段の石段に登ったことは?


人生一度もない!


0.1%の可能性がたった今0%になった。


そもそも、高校の体育以来23年間走ったこと無い!


・・・・・・


車で移動するから走る必要が無い!

というわけで、私は現状ではおそらく3333段一回上がるのもほぼ不可能そうですが・・・。

とりあえず石段をフルマラソンと想定し、まずは“基礎筋肉”を付けるために毎日ウォーキングから数週間初めてみたいと思います。
※この記事を書いている際に、いつの間にか私の「熊本城マラソン出場」が決まっておりました・・・

この石段はフルマラソンへの最終調整の舞台となる模様です。どっちも過酷・・・

ところで改めて言いますが

このイベントは、
3333段の石段の往復を“10時間で何往復”できるかというイベントです。

何回やったら終わり!というわけではないんです。どうあろうと、美里町にある日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)を10時間繰り返し石段を上り下りし続けるわけですね。まさに仏教の荒行に近い・・・


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=negTqjaxNWQ

現場ではリアルに本格的な時計が時を刻みます。

イベント参加応募はFacebookで受け付けてます!


引用元:https://www.facebook.com/events/816467405180781/

このイベントへの応募は簡単!

Traq(九州トレイルランニング協会)が主催するこのイベントのFacebookページから、「参加」のボタンを押す。これだけです!

最初から最後までの参加も、途中からの参加も途中で抜けてもOKだそうで、スタート時間は朝6時、終了時間は夕方16時です。

参加費は【500円】

参加費はエイドやゼッケンなどの運営費になるそうです。

【イベント参加のFacebookページはこちら


とりあえず目標は、3333段の石段の一往復を達成したいと思います!


なに甘えたこと言ってるんですか。10時間やり続けなきゃネタにならないじゃないですか!?


とりあえず私の身体よりもネタ優先なのですね・・・

当日は私と共に石段チャレンジしませんか?


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=negTqjaxNWQ

というわけで、ぜひ皆様私と共に石段チャレンジしませんか?

■第5回 10時間耐久石段チャレンジ■

場所:日本一の石段(御坂遊歩道)「熊本県下益城郡美里町坂本」

時間:スタート朝6時〜終了夕方4時(合計10時間)

参加費:500円(ゼッケン作成などの運営費として)

※駐車場は現地はそれなりにありますが、例えば100名が全員別々に車で来てしまうと当然駐車スペースは不足します。

車は可能な限り仲間と“乗り合わせ”で!

主催団体:Traq(九州トレイルランニング協会)様。

イベント詳細や応募(facebookページ)はこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

パルコパーキング前にタイマッサージ&雑貨の店「nimroom(ニムルーム)」がオープン!天国かと思う時間を過ごしてきた

2020.07.23

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal