*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市民に朗報】阿蘇カドリー・ドミニオンに通常2400円のところが500円で行けちゃう クーポン!【3月31日まで】

ライター:りよう りよう

みんな大好き【阿蘇カドリー・ドミニオン】

 image
出典:阿蘇くじゅう観光圏ホームページ

 もう皆さんご存知とは思いますが、阿蘇カドリー・ドミニオンは、南阿蘇にある動物園を中心としたテーマパークです。

 image
宮沢劇場や

 image
ベアバレー
 image
チンパンジー学習の森などの人気施設
 ※画集出典:カドリー・ドミニオン公式ホームページ

その他にも、ふれあい動物の森や乗馬、ドッグラン、動物レース・・・などなど、他にも沢山の見所があります。

 動物と触れ合うのであれば熊本ではカドリーが一番だと思います。

そんな素晴らしいカドリー・ドミニオンですが、
入場料がそんなに安くない点がネックではないでしょうか?

 カドリー・ドミニオンの入場料は
大人(高校生以上)2400円
子供(小中学生)1300円
幼児(3歳以上)700円
となっております。

 
もし4人家族で行くとしたら
 大人2400円×2+子供(小中学生)1300円×2=7400円 と結構な負担になります。

 これにガソリン代や昼食代を考えると・・・・・
そんなことをお考えの皆さんに朗報です。(そんな人がいるのかどうかは分かりませんが)

阿蘇カドリー・ドミニオンに500円で入場出来る『神クーポン』があるんです

それがこちら

image

くまもと市政だより 3月号です。

 熊本市民であれば毎月ご自宅に届いているこちら便りです。(熊本市民以外の方はごめんなさい)
この市政だよりの12ページに『熊本市民割引クーポン』がついています。

 image

image
3月31日までの限定ではありますが、このクーポン1枚で5人まで
入場料が一人500円になります。(中学生以下は300円)

 これは上記のような家族4人で行く場合、

 大人2人×500円+子供2人×300円=1600円となり、

 5800円もお得になります

 これだけ安いと嬉しいですよね。
 春休みももうすぐ始まりますので、熊本市民の方は、この市政だよりについてる割引クーポンを使って【阿蘇カドリー・ドミニオン】に遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?

 
もし『熊本市政だよりを無くしてしまった』という方は下記の場所でも配布しているようなので、 問い合わせてみて下さい
 ■配布場所

・市庁舎1階総合案内
 
・中央区役所
 
・東区役所
 
・西区役所
 
・南区役所
 
・北区役所
 
・総合出張所(託麻、河内、花園、城南、飽田、天明、幸田、北部、清水)
 
・出張所(大江、秋津、東部、南部、龍田)
 
・くまもと森都心プラザ
 
・国際交流会館
 
・市内郵便局

阿蘇カドリー・ドミニオン

住所 869-2225 熊本県阿蘇市黒川2163 

電話番号​ 0967-34-2020​

営業時間 10時~16時30分(冬期)

公式ホームページ http://www.cuddly.co.jp/

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03