*
とじる
*
とじる
*
とじる

映画に出演するチャンス?熊本ご当地映画のエキストラを“1000人”大募集らしいぞ!!!

ライター:上野P 上野P
キーワード:

ご当地熊本の映画エキストラ募集「1000人」ですよ!

エキストラ無くして映画は成り立たず!

熊本での撮影が8月後半〜9月末ごろ行われるそうです。
何の映画の募集なのかはわかりませんが、大々的な映画エキストラ募集のようです!

エキストラ募集人数1000名!!

8月27日に「イベント観客役」として1000名必要だそうです!
その他にも、8月21日に「園内の騒ぎに遭遇する一般人役」で200名。
8月26日に、「騒ぎに参加する人々役」で200名。募集しているそうです。
もっと細かい役柄でいくと、お店の客役や従業員役とかもあるみたいで、場合によっては衣装を着ることもあるかも知れませんね。

制作プロダクションは「ROBOT」。監督は「波多野」監督。

制作会社は、重厚な刑事ドラマとして大ヒットしたTVドラマ「MOZU」や、原作小説も大ヒットだった「永遠の0」を制作した「ROBOT」さんです。

出典元:http://www.robot.co.jp/

今は「22年目の告白」が最新!!!
今回のエキストラ募集の映画監督は「波多野貴文」監督で、代表作に岡田准一主演の「SP 警視庁警備部警護課第四係」など。

SPの監督ですから、やはり今回もパニック映画みたいな!熊本にテロリストが!みたいな。。
でもチラシには「心温まる熊本ご当地映画です」って書いてあるので、過去作とどうもリンクがしにくいのです。

撮影地域は主に「荒尾市またはグリーンランド、その他」


出典元:http://www.greenland.co.jp/

撮影地域に関しては、大規模撮影分などはおそらくグリーンランド内になるようです。
恐竜に襲われて逃げるとか!? ってこれも「心温まる熊本ご当地映画です」とは違いますね。

興味を持ったらぜひ“参加登録を!”

引用元:http://movies.robot.co.jp/extra/hatanomovie2017/

ぜひエキストラ参加してみたい!という方!!!そのためには、エキストラスタッフ専用メルマガに登録して頂く必要があるようです。
※上記画像にリンクを付けてますので、上記画像をアクセスしてみてください。
エキストラ募集専用HPへ!

メルマガ登録後、改めて詳しい話が一斉メールされるようです。

何度も言いますが、エキストラ無くして映画は成り立たず!

県民の皆様のご協力がなければ成り立たない映画だと考えていいかと思います!

まずはメルマガ登録を! 詳しい詳細はそのメルマガ登録者宛にのみ配信されます!
撮影スケジュールがまだ未確定の部分があるらしいので、そのスケジュールが確定次第メルマガが配信されるそうです。
ご家族や友人やカップルで、もちろん一人でも。ご都合のいい方は、エキストラ参加してみられるのも如何でしょうか?

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03