*
とじる
*
とじる
*
とじる

バラエティ豊かないきなり団子専門店「華まる堂」の「林檎のいきなり団子」

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

熊本名物のひとつ「いきなり団子」。

通常、サツマイモと餡を、とりもち、または小麦粉を練った生地で包んで蒸した郷土和菓子ですが、最近では様々な形にアレンジされているようです。

今回ご紹介するのは、いきなり団子専門店「華まる堂」の斬新な「林檎のいきなり団子」です


現状を打破する新しい「いきなり団子」

「林檎いきなり団子」は、県内4カ所の郷土みやげ店「旬彩館」で販売されていて、通販も人気があるそう。
今回は、熊本空港内の旬彩館にお伺いしました。

引用元:http://www.ikinaridango.com/

「華まる堂」のいきなり団子と言えば、お店を有名にしたアイデア団子の筆頭といえる「冷やしいきなり団子」。

蒸して温かいはずの団子を一気に冷やして夏のお菓子にしてしまうという、常識を覆すアイデアで有名になりました。

冷蔵保存が出来、通販のクール便で発送がしやすいというメリットもあり、県外の方に食べてもらえるいきなり団子としても知られています。

現在は通常のいきなり団子と、茶色の皮の黒糖いきなり団子、紫色の紫芋いきなり団子の3種類があります。その他に、季節限定のアイデア団子も。

いきなり団子の基本であるサツマイモは分厚く切られ、食べ応えも抜群です!

期間限定「林檎のいきなり団子」

こちらが「華まる堂」が新たに出した斬新ないきなり団子!

いきなり団子で「Apple ikinari dango」と英語が出てくるとは思いませんでした。

厚みのあるサツマイモはそのままに、林檎の果肉が詰まったリンゴ餡と、頭にはりんごコンポート、生地は林檎をイメージする赤い色の生地になっています。

いきなり団子とリンゴの運命の出会い!リンゴ餡の優しい甘みと、サツマイモがぴったり。

いきなり団子の詰め合わせも中身は自由なので、このように色合いが豊かないきなり団子の詰め合わせができて、贈り物にも最適です!

伝統と斬新さが組み合わさったNEWいきなり団子でした!

外国人の方にも大人気のいきなり団子!お土産にも「林檎のいきなり団子」は本当にオススメです。

「林檎のいきなり団子」は、3月末くらいまでの限定商品ですので、お早めの購入を。

一度味わってみたくなったら、県内4カ所の旬彩館内「華まる堂」まで!

■華まる堂 阿蘇くまもと空港 旬彩館空港店

住所:熊本県上益城郡益城町大字小谷1802-2

営業時間:6:35~20:30

定休日:無休

電話:096-232-3552

地図

お店のHPはこちら

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

【熊本市西区】ご飯によく合う!明治創業の老舗『田楽家』で田楽定食に癒される

2023.10.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

【プレゼントあり!】大津町が突然「バイクの町」と言い出したから事実なのか調べてみた

2024.01.22

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal