*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本駅「よかモン市場」にオープンした熊本初出店の「串カツ田中」はB級グルメ盛りだくさん!

3月17日に熊本駅内に開業した商業施設「よかモン市場」!

そこでは、お土産品のみならず、美味しいグルメも盛りだくさん。しかも熊本のお店だけではなく、熊本初進出の飲食店もいくつもあります!

その中で今回ご紹介するのは、新規出店希望も常に上位にあるチェーン展開のお店串カツ田中

大阪下町をイメージした昔ながらの雰囲気が漂う店舗に、美味しくて格安な“串カツ”の数々。もちろん串カツだけでなく、ホッピーやサワーなどの飲み物、ぼっかけや肉吸い、かすうどんなど大阪ならではのグルメも揃っています。

まさに“浪花の昭和の串カツ屋”をイメージした店舗作りが受けているお店といえますね!

よかモン市場内にオープン!

市場オープン2日目に訪れたのですが、14時過ぎにも関わらずこの大盛況!

まさに大阪伝統の味!角ハイボールの提灯とかが懐かしい雰囲気ですね!

カウンターにテーブル席、奥には小上がりの座敷もあります。

壁には所狭しとポスターが貼られていて、昭和の居酒屋さんのようなレトロなイメージのお店です!

壁に貼ってあるレトロポスターですが、よく見ると店舗メニューを紹介したオリジナルのポスターなんです。

ランチは串カツ定食を始めとしたこの5種類。ヒレカツ定食や大盛り唐揚げ定食などもあります。

あの伝統の「ソース二度漬け禁止」は健在!

大阪の串カツ屋さんでは、容器に少し辛めのソースが入れらて、1グループにつき1つ提供されます。カウンター席でも、ソースは数席に1つしかない、“ソースは共有”という考え方が一般的です。数名でひとつの容器のソースを使うので、「一度口を付けたらもうソース漬けられません!」ということです。

なお、一度漬けたけどソースが足りない場合は、スプーンとかでソースをすくってかけて下さい。

串カツ定食を頼んでみました!

なかなか豪華なラインナップで、ボリュームも多い串カツ定食です!

スープはおそらく“かすうどん”に使われるスープかと思われます。

ご飯はなんとおかわり自由!

サイズも大きめな串カツが6本。豚バラ、鶏肉、うずら卵、野菜と種類も豊富です!

串カツ田中オリジナルの“激辛ソース”が備えてありました。

七味もありますし、やはり関西では辛口が多いのかも知れませんね!

ソースを漬けるのではなくて、たっぷり上にかけてみました!

さすがは最高のB級グルメ!とっても美味しいです。いやービールが欲しい!

山盛り唐揚げ定食も食べてみました!

出来立て、揚げたての唐揚げがこのボリューム!

一個のサイズも大きい唐揚げが計7個も!これはコスパ抜群ですね!

串揚げと同じく、あつあつの唐揚げがいただけますよ!

大阪名物ドリンク「冷やしあめ」!?

「冷やしあめ」とは、昭和の時代の大阪庶民の間で飲まれていた、生姜と水飴で作られた飲み物。主に水飴をお湯で一旦溶いて、それに生姜のおろしや絞り汁などを混ぜて、それをまた冷蔵庫でキンキンに冷やしてのむという、夏の風物詩的な飲み物です。

大きなジョッキに並々と注がれた「冷やしあめ」です!

この辺のケチってないサービス満点なところも、関西系のお店のいいところですね!

水飴を溶かしたものなので大甘なのかと思って飲んでみたら、意外とすっきりしていて飲みやすい!

生姜の風味も効いていて、夏には最適の飲み物でしょうね!

次にお酒が飲める状態でお店に行けたら飲んでみたいのが、この「ガリ酎ハイ」

寿司屋で出てくる「ガリ」が酎ハイの中に入っています!

シンプルな飲み物ながら、とても美味しいと評価も高いようです。

串カツ以外にも大阪名物な食べ物がたくさん!

牛すじ、さいぼし、肉吸い、チー平焼き、旨辛豚盛り、そしてたこ焼き!

なかなか熊本では聞かないメニューが盛りたくさん!

大阪で長年愛されてきた串カツの味!是非オススメです!

秘伝のソースはもちろん完全オリジナル!

先代が始めた最初の1店舗から、現在は約150店舗以上!

熊本駅舎内にありますので、ここで串カツ食べて一杯飲んで電車で帰るという、都会のようなスタイルができますね。もちろん家族みんなで食べても楽しそう。

ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

■串カツ田中 熊本駅店■

営業時間
11:00〜23:00
※11時~15時ランチのみ

住所
熊本県熊本市西区春日3-15-1 JR熊本駅構内 肥後よかモン市場内

定休日:なし

お問い合わせ
096-247-6808

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal