*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本県産食材の地産地消を心がけたナチュラル系中華レストラン!

今回ご紹介するのは、益城町広崎にある、中華レストラン「藍・天(らんてん)」さん。

三年前にこの地に開業!しかしその一年後には熊本地震に遭いました。そんな中でも、店の前で炊き出しを行うなど、店主ご夫妻はバイタリティに溢れ、力強く頑張っています!

ウッド調で素敵な雰囲気の店内!

内装は落ち着いた雰囲気のウッド調。実は内装の木材も県産の杉・ヒノキをふんだんに使用。

玄関右には個室もあり、小さいお子様連れやゆっくりくつろぎたい際の来店も安心です。

メニューはこちら!

お昼のランチメニューは5種類。もちろん各種セットのほか、単品の注文もできますよ!

お昼はランチコースもオススメ!ボリュームも満点です。

お店の食材のこだわりが凄い!

このお店のこだわりは「食の素材」保存料・化学調味料不使用で頑張っています!

中華特有の“重さ”が無く、胃もたれもしない優しい中華と評判のようです!

お店オススメの「担々麺」をいただきました!

担々麺ランチの飲茶付きフルセットをいただきました!まるでディナーのような豪華さ!

担々麺からはごまの香ばしい良い香りがします。食欲をそそられる濃厚な香り!

麺はシコシコ!うまく辛味もあって、スルスルと口に運んでしまいます。

スープも醤油ベースのあっさり味とのことでしたが、化学調味料不使用とは思えないくらいのしっかりとした味つけ!自然の味付けで旨味がにじみ出ていました!

安心安全の食材にこだわると、コストがかかりますが、そこを妥協せず美味しさを求めた渾身の一杯と言えるでしょう。

飲茶もとても絶品!2種類あり、左がノーマルな飲茶で、右が週替わりで変わる飲茶。毎回食べても飽きがありません!

サラダの素材も可能な限りこだわった地産地消の熊本の野菜を仕様。地産だけにとても新鮮!

デザートのごま団子も、とても綺麗。ランチで日本料理のような高級感があり、丁寧な仕事ぶりを感じます。

お客様第一の料理が素晴らしい!優しさ溢れるご夫妻の中華でした。

お店を切り盛りしている満田ご夫妻です。奥様の接客の際の笑顔に癒されます。

また、小さいお子様連れでも安心のお店。幼児椅子やおむつ交換台もあるそうです!

一度来店したら、またリピートしたくなるお店。自慢のお店として人に紹介したくなる中華店でした。

■藍・天-ran・ten■

住所
熊本県上益城郡益城町広崎660-7

電話
​096-240-6034

営業時間
ランチ:11:30〜2:30(order stop)/ディナーランチ:17:30〜20:30(order stop)。金土は30分延長。

定休日:月曜日。日曜はランチのみ営業。

地図

お店のHPはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

PUBLIC RELATIONS

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal