*
とじる
*
とじる
*
とじる

美里プリンってご存知ですか?

美里町に店舗を構える「フレンチレストラン木香里」のオーナーさんが開発したプリンで、これが全国に多くのファンを構える大人気商品なんだとか。

なんと年間30,000個以上も売れているらしいんです!

今回はその美里プリンを求め、美里町に向かいました!


プリンを求め「スイーツ工房きこり」へ

「フレンチレストラン木香里」の系列店、「スイーツ工房きこり」へ行きました。

場所は緑川ダム休憩所の敷地内です。

店内はこんな感じ。

持ち帰りの時間をお伝えすると、その時間に合わせて保冷剤をご用意してくれますよ!

オーナーさんへ聞き取り

開発の経緯や裏話も聞きに、「フレンチレストラン木香里」へも行ってきました!

まずなんですが、何故「木香里プリン」ではなく、「美里プリン」なんですか?

ちょうど開発したのが、「美里町」ができた時だったんですよ。美里町全体を盛り上げたいと思ったので「美里プリン」です。

なるほど。素晴らしい理由ですね!今どのくらい売れているんでしょうか?

今はお陰様で年間30,000個以上です!今後も地域に根付いた、美里町の土産品として確立させたいですね!

ちなみに、開発当初から「美里プリン」って名前なんですか?

いえ、最初は体の大きい僕が作っているので「ビッグシェフプリン」って名前でした(笑)

なかなかレアな情報も聞けました。

食べるのが益々楽しみになってきました!

編集部で実食

もちろんただ紹介だけでは終わりません。事務所に戻り実食します。

早速開封したところ、歩いているくまモンが現れました。

ふたを開けてみると、まず目に見えるのは生クリーム!

食べる前から分かります、これ絶対美味しいやつ。

ちょうど事務所にいた山田にも「美里プリン」を与えてみました。

名前を聞いたことはあるけど、食べたことない。

美里プリンは完全に初めてみたいです。

スプーンですくって一口食べて・・・

からのこの笑顔。

一口目の生クリームから美味しい!このトロっとした食感も良い!

大満足してくれてます。

伊藤にも「美里プリン」を食べて貰いましたが、

うまっっ!やばっっ!

語彙力が無くなるくらい美味しいようです。

もちろん私も食べました。まじ美味い。

急速冷凍機で-40℃で一気に冷やすことで、ご自宅なんかでも美味しく食べることを可能にしたそう。

言葉を失うほど、本当にただただ美味しいんです!

テレビでも紹介される全国的に人気な「美里プリン」は、味は勿論美味しく、オーナーさんの美里町を盛り上げたいという思いがこもっていました。

皆さんも是非食べてみて下さいね!

スイーツ工房きこり

営業時間

9:30~14:30

定休日

火曜日

HP

misato-pudding

電話番号 0964-47-1919

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal