*
とじる
*
とじる
*
とじる

張り紙につられて立ち寄った「モラトリアムーmoratoriumー画と雑貨と珍品の店」には懐かしか〜と言ってしまう物があふれていた

ライター:まりあ アバター

河原町旧繊維問屋街を歩いていた時、こんな張り紙を見つけました。

骨つき肉を持った豚のイラストに、右下の「仕入れ等の」文字。仕入れって何の仕入れなんでしょう。なのにマリオのイラスト。隙間を除いても、暗くて何のお店か分かりません。これは中に何が隠されているのか気になる! と後日「モラトリアムーmoratoriumー画と雑貨と珍品の店」を訪ねてみたら、平成生まれでもお父さんお母さん世代でも「なつかしか〜!」と言える物であふれていました!


入口から漂うサブカル感

中央区河原町旧繊維問屋街の通りの一角をずっと奥に進むと、入口に何か置かれています。

少年にとっては宝箱のようなライダーのフィギュアや、一見使えるのか分からないマッチ箱。そして、小学校のイス! サブカル感漂いまくりです。

漫画やレトロ雑貨が約1万点! 幼少期にタイムスリップできる店内

店内に入り飛び込んでくるのは、あふれんばかりの漫画の数々! 女子小学生の時に多くの方が読まれていたであろう「りぼん」、

下には、「少年サンデー」「少年マガジン」。背表紙のフォントが一緒。

一見パチモンかと思いましたが、どん兵衛のキツネの置物。1980年代はこんな顔をしていたらしいです。ここから吉岡里帆さんになるってすごいな。

使い道が全く分からない、正に珍品がお店の至る所に。

平成6年生まれが一番テンションが上がったのは、給食エプロンでした。小学1、2年生の時にこの黄色を着ていましたよ、給食の時間。

こちらが2階。主に古本がどっさり置かれています。2階に上がる階段は急なので、気をつけて登りましょう!

熊本に関連する珍しい品とは?

せっかくなので「商品の中で珍しいものはありますか?」とお聞きしたところ、「熊本関連のものが良いですよね」とすごく気遣ってくださって出てきたのが

戦前の熊本に関連するチラシと「三池炭鉱デモ」の資料!? 色焼けはしていますが、歴史好きにはたまらない一品。どこで手に入るのか…。

一番古い品物と一番新しい品物を探してみたら100年以上離れていた

お店は「さまざまな時代が共存でき、当時の生活が感じられること」をコンセプトにされているそう。ならば、一番古い品物と新しい品物を探してみよう!  と店内を捜索。

一番古いのは江戸時代の本

1800年代後半の江戸期の寺子屋で使われた和本が! 持ったらボロボロになるんじゃないかと思いますが、きちんと包装してあります。湿気対策もされているのか? と思う方もいるでしょうが、店内にはエアコンもあり、この日は窓を開けて換気もされていました。

一番新しいものは…

横の黒人形のインパクトがあり過ぎますが、一番新しい商品は「モーニング娘。」のカードでしょうか。恐らく2001年頃。100年以上離れている品が同じ場所にあるって不思議。

ちなみに、ダイソンの羽の無い扇風機が最も新しそうですが、売り物ではありませんでした。

当時の生活が想像できるのが楽しめる店内

元から漫画好きだったオーナーの中村さん。イラストを描かれていたことから、アトリエ兼お店を出し、次第に古物収集に興味を持たれ、今では約1万点を販売。仕入れって商品の仕入れなんですね。

もちろん、古物商許可もちゃんと取得されています。週一度の仕入れ日も、なるべく綺麗な状態で保存されたものを仕入れるので丸1日かかるそう。仕入れルートは企業秘密!

「当時の生活が想像できるのが楽しいですよね」と、店内には実用品だった戦後の歯磨き粉やシャンプーもありました。中身が入ったものもありますが、さすがに試すのは怖い。ですが、親子で振り返りながら楽しめますよ。

ちなみに、お店のオープン当初から売られているのは、関西では「肉のダイリキ~♪」のCMでおなじみらしい食肉専門店「ダイリキ」のキャラクターダイちゃんとリキちゃんの人形。未だに買い手がいないそうで、どこか寂しそうな顔…。

平成生まれ、お父さんお母さん世代、それ以上の方でも「懐かしい」と感じられるので、親子間の話題作りにもおすすめな商品が多数揃ったお店でした! 営業日は仕入れ日によって変わるので、お店のFacebookなどを確認されてください!

「モラトリアムーmoratoriumー画と雑貨と珍品の店」

住所

〒860-0023 熊本県熊本市中央区河原町中央区河原町 2番地 旧繊維問屋街通路内

営業時間

13:00〜18:00

定休日

不定休

Facebook

https://www.facebook.com/moratorium2012/

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

アバター

まりあ

地方経済雑誌で記者と営業を経験した後、フリーライターとモデルになりました。24歳ですが、20代後半に見られます。肥後銀行本店前の横断歩道でパンクした自転車から、たまたま同日に修理が完了した実家の自転車に乗り変えて熊本県内を東西南北駆回っています。

このライターが書いた他の記事

一点モノに出会えるかも!玉名市のセレクトショップ「Witch The embelish」には異世界が広がっていた

2019.08.22

「rojipan」の焼き立てパンが食べられるカフェ!「MARCO」が8月19日上通りアーケード内にオープン!

2019.08.19

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03