*
とじる
*
とじる
*
とじる

【ご当地】熊本の図柄入りナンバープレートは“くまモン”に決定!

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

熊本県の“ご当地ナンバープレート”のデザインが「くまモン柄」に決定!来年10月から交付予定!

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20951.html?type=new&pg=1&nw_id=1

通常、白黒か黄黒で表されているナンバープレートですが、最近はその車のナンバープレートにデザイン要素が組み込まれることが認められ、各自治体で様々なオリジナルデザインのプレートが出現することが多くなりました。

そして熊本でも、熊本独自のナンバープレート採用が検討されました。10月には県から「3案」の提案があり、インターネットなどで「県民投票」を実施。結果、くまモン柄のナンバープレートが正式採用となったそうです。

イチョウと熊本城があしらわれたデザインもよかったんですが、やはりくまモン人気。投票の約6割の支持だったそうです。

くまモンデザインってどんなの?

上記の写真の通りのデザイン!薄い水色のバックに、加藤清正や細川家の家紋があしらわれており、中央に白いくまモンのシルエット、そして右端にちょこっとくまモンが覗いているデザイン。なんとも細かいデザインですね。

事前受付は来年の8月から!

このご当地ナンバーを使用できるようになるのは、来年の10月から!少し先ですが、気長に待ちましょう。

そのデザインプレートの事前申し込みは来年8月から始まるようです。

この絵柄入りプレートの登録料金は9000円で検討中。通常は単色ですが、更に寄付金を収めるとプレートが“フルカラー”バージョンに変更もできるそうです!個人的には断然フルカラーがいいなぁ。

この絵柄付きプレートですが、熊本県ではくまモン柄の他に、国交省が全国向けに今年導入した「ラグビーW杯」や「東京五輪」の図柄入りプレートもあります。

来年は愛着のあるナンバープレートという時代がきそうですね!

詳しくは、県のホームページから確認できますので、興味がある方はチェックしてみてください!

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20951.html?type=new&pg=1&nw_id=1

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal