*
とじる
*
とじる
*
とじる

【ご当地】熊本の図柄入りナンバープレートは“くまモン”に決定!

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

熊本県の“ご当地ナンバープレート”のデザインが「くまモン柄」に決定!来年10月から交付予定!

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20951.html?type=new&pg=1&nw_id=1

通常、白黒か黄黒で表されているナンバープレートですが、最近はその車のナンバープレートにデザイン要素が組み込まれることが認められ、各自治体で様々なオリジナルデザインのプレートが出現することが多くなりました。

そして熊本でも、熊本独自のナンバープレート採用が検討されました。10月には県から「3案」の提案があり、インターネットなどで「県民投票」を実施。結果、くまモン柄のナンバープレートが正式採用となったそうです。

イチョウと熊本城があしらわれたデザインもよかったんですが、やはりくまモン人気。投票の約6割の支持だったそうです。

くまモンデザインってどんなの?

上記の写真の通りのデザイン!薄い水色のバックに、加藤清正や細川家の家紋があしらわれており、中央に白いくまモンのシルエット、そして右端にちょこっとくまモンが覗いているデザイン。なんとも細かいデザインですね。

事前受付は来年の8月から!

このご当地ナンバーを使用できるようになるのは、来年の10月から!少し先ですが、気長に待ちましょう。

そのデザインプレートの事前申し込みは来年8月から始まるようです。

この絵柄入りプレートの登録料金は9000円で検討中。通常は単色ですが、更に寄付金を収めるとプレートが“フルカラー”バージョンに変更もできるそうです!個人的には断然フルカラーがいいなぁ。

この絵柄付きプレートですが、熊本県ではくまモン柄の他に、国交省が全国向けに今年導入した「ラグビーW杯」や「東京五輪」の図柄入りプレートもあります。

来年は愛着のあるナンバープレートという時代がきそうですね!

詳しくは、県のホームページから確認できますので、興味がある方はチェックしてみてください!

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20951.html?type=new&pg=1&nw_id=1

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

【熊本市西区】ご飯によく合う!明治創業の老舗『田楽家』で田楽定食に癒される

2023.10.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal