*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。川上です。

みんな大好き、麺類
ラーメン王国の熊本ですが、ここ数年は色んな麺類のお店ができていますよね。
つけ麺、油そば、辛麺など。

昨年12/4㈯、下通につけ麺専門店がオープンしました。
「つけ麺 大和」です。以前は健軍にあったお店が満を持して移転!

早速行ってみました。


隠れ家的なつけ麵のお店 大和


「つけ麺 大和」があるのは中央区下通。下通アーケードを歩いていると、お店の看板が視界に入ってきます。


お店があるのは相撲町通り「ばくだん焼本舗熊本下通」の角を曲がった通りです。しばらく歩くと見えてくる武蔵ビルDue。一見何屋さんが入っているのか分からない雑居ビル。


ここの地下に「つけ麺 大和」が移転オープンしていました。


店内はカウンター席がメインになっています。一人で来店されているお客さんも多いので、おひとり様も気兼ねなく利用できます。


カウンターの目の前は目隠しのように壁が。厨房からも見えないし、視線が気にならないので女性のひとりご飯にもおすすめです。目の前が壁って落ち着きます…。

ドロドロのつけ汁がたまらないつけ麺


メニューはグランドメニューに加え、本日のメニューがあります。


つけ麺は、
☑ピリ辛の魚介つけ汁の“赤”
☑数量限定!ベーコンとチーズをのせた明太クリームのつけ汁“白”
☑赤をさらに辛くした“鬼辛”
の3種類。つけ麺以外には、まぜそばもあります。


ビールも飲めます。ちゃっかり昼飲み成功。

つけ麺 赤(800円)

5分程度待つとつけ麺到着!私は“赤”をお願いしました!


とろみのあるつけ汁に魚粉と辛い粉がこんもり。


つけ汁は粘度高し!ドロドロしています。


粉を混ぜているとチャーシューがこんにちは!たっぷりつけ汁に浸っています。

チャーシューは、大きめにスライスされたものとサイコロ状の2パターン。豚肉の脂身は比較的多めで、甘さを感じるほど煮込まれていてとっても柔らかい!トロトロ!つけ汁にも旨味が存分に溶けだしています。

麺はしっかりとしたコシがあり、つるつるっとしていて美味!つけ麺にしては細めの麺なので、女性も食べやすくて嬉しい限りです。

練りこまれている粒は全粒粉のもの。製麺所でわざわざ作ってもらっているそう。


ドロドロしたつけ汁が麺にしっかりと絡みます。まるで大根おろしのような質感です。

つけ汁には魚介はもちろん、野菜もたっぷり使われているそうです。濃厚なのにサラサラ食べれてしまう。野菜の旨味が溶け込んでいてほんのり甘く、自然な甘みなのでくどくならないつけ汁です。


ビールとの相性もバッチリです。

街中にまたいいお店が増えましたね。是非行ってみてくださいね。

つけ麺 大和

住所

熊本市中央区下通1丁目8-30武蔵ビルDue地下1階

営業時間

11時~20時

定休日

月曜日

instagram

https://www.instagram.com/yamato.006/

Twitter

@Tsukemen_yamato

LINE

lin.ee/HjsxdjW

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

サッカー未経験おじさんがスキルアップスクールで体験をした結果はこちら。

PR

2022.07.16

【にくたらしジュニア上通店】おしゃれスポット熊本市上乃裏で昼間から限定黒毛和牛ステーキランチを食べられる幸せ

2022.07.15

ビッグイベント目白押しの「阿蘇フェスティバケーション」初日に行ってきた!この夏は阿蘇で遊びまくろう!

2022.07.09

PUBLIC RELATIONS

サッカー未経験おじさんがスキルアップスクールで体験をした結果はこちら。

PR

2022.07.16

【にくたらしジュニア上通店】おしゃれスポット熊本市上乃裏で昼間から限定黒毛和牛ステーキランチを食べられる幸せ

2022.07.15

ビッグイベント目白押しの「阿蘇フェスティバケーション」初日に行ってきた!この夏は阿蘇で遊びまくろう!

2022.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal