*
とじる
*
とじる
*
とじる

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

ライター:伊藤 伊藤

大人になって真剣に遊ぶって機会なくなりましたよね。しかし年齢を重ねても、何かを楽しむ気持ちだけには忘れてはいけません。仕事ばかりに忙殺されてしまう前にと、思いついたのが「サバイバルゲーム(略称サバゲ)」。

名前は聞いたことあっても、実際にしたことがなかったので、肥後ジャーナルライターの山田とメアリーで初体験!

和気あいあいとゲームを楽しもう思ったところ…とんでもないハンターと遭遇しました。

確実に、的確に、もれなく仕留めていくハンター。その上手さの謎に迫りました。


サバイバルゲームの世界に初めて足を踏み入れた

サバイバルゲームはエアソフトガンを使用して撃ちあう、いわば大人の戦いごっこです。

格好だけは一丁前の山田

遊び方は、フィールドと呼ばれる戦闘エリア内で、敵味方に分かれてお互いを撃ち合い、弾に当たったら失格となるのが基本的なルールとなります。

と言うのがザックリとした説明です。

メアリーさんにも参加してもらったのですが、「山奥での撮影です」としか伝えてなかった伊藤がバカでした。山菜採りでもするのかと思ったのでしょうか…農家のおばさんのような出で立ちで登場。

サバゲに参加してもらおうと思ったんですと言うと、「ぽろっぽぉぉーーー!」と言って張り切って取り出したのが、銃(バズーカ)に見立てた大根でした。

うん、じゃ今日はそれでお願いします。

いざフィールドへ!

手練れの皆さんは、慣れた手つきでササッと準備を整え。

ニ、ニ、ニワトリさんもいる!

戦闘態勢に!!

早速フィールドへ向かいます。

この時から、各々の雰囲気が豹変し、ピリピリとした空気に包まれます。

ヤルかヤられるかの勝負の場に向かうのですから!

話し合をして、チーム分け。

それぞれ戦闘配置につきました。

自然の山をそのまま使ったフィールドなので、草ぼうぼう。隠れると、みなさんがどこにいるか全くわかりません!

3・2・1…スタート!!

開始の掛け声と共に、ばばばばばばばっばばば!

一斉に動き出すのかと思ったら…

シーーーーーーンと静まり返るフィールド。

そこに流れるのは、息をすることすら許されないような緊迫感

そんな中、パキ…パキ…パキっと枝を踏む音が。

その方向を見ると。

山田…。

あらすぐ撃たるっばい

と思っていたら。

パシュ!パシュ!(弾が出る音)

撃たれました。

やっぱり…すると、物陰から

「私も撃たれました」

と出てきたのは

ニワトリさん!

そしてこの方も

次々と「撃たれました(ヒット)」が続出。

パシュ!

「ヒット!」

パシュ!「ヒット!」

パシュ!

「ヒット!」

こちらのお二人も撃たれたご様子。

話を聞くと、やたらと上手いハンターがいるとの事。

パシュ!パシュ!パシュ…

撃たれた人間達の背中…

圧倒的敗北感!!

全部この人の仕業です

休憩所に帰って、

「すげーハンターがいる!」と話題に。

誰かはすぐにわかりました。

みなさんが釈然としない顔をしてる中

一人だけ

笑ってる男がいた。

この方がハンターです!

ハンターの名は渡部宗生さん。

狙った獲物は逃さない生粋のハンター。強靭な肉体と精神力、それでいて人懐っこい笑顔を持つ

MAN OF THE MAN(男の中の男)!

ハンターをストーキングした

サバゲ翌日、

一体どんな生活したらあんなサバゲが上手く(頼れるイイ男に)なれるのか興味が湧いた伊藤は、渡部さんをストーキングしてみました。

朝。出勤する後をつける。

徒歩にて出勤。なるほど、強い足腰は徒歩通勤によるものなのか。

サバゲでは、あれほどの敵感知能力を発揮してたのにこちらに気づいてない、出勤時は世を忍ぶ仮の姿を決め込んでるようです。

「能ある鷹は爪隠す」というアレか。

といらぬ詮索をしていると

お!職場に着いたっぽい

プログラント?

一体なんの会社?ぐるっと見渡すと幟(のぼり)発見

害獣駆除…

あ、そういうことか

害獣駆除の仕事をしてるのか!渡部さんは!

害獣とは、屋根裏や壁の裏側でゴソゴソ動き回るイタチ・ネズミ・コウモリ・アライグマなどの動物をさします。

そんな動物達を放っておくと

・断熱材をボロボロにする

・糞尿による異臭

・屋根や柱が腐敗する

・夜中の騒音(夜行性だから)

などの被害が出ます。

実際に屋根裏でちょこまかと動き回る害獣はこんな感じ

こんなの素人は怖くて手が出せません。

伊藤

害獣もエアガンでバンバン倒して…

渡部さん

してませんよ!

伊藤

じゃ、どうやって捕まえるんですか?

渡部さん

罠を仕掛けますね。

捕まえるだけでなく、家の小さな隙間を塞いで、侵入を防いだりもします

渡部さんは、俊敏でなかなか捕まえられないような動物を探し出して、それらを仕留める仕事をしていたんですね…

仕事の時もサバゲの時も体勢が一緒!

常にハンターってことじゃん!!

サバゲ上手いのも納得。

しかも害獣に指定されている

なんて、真っ先にやられて当然でしたね。

まとめ

サバイバルゲーム初体験記は、散々な結果でしたが、今回ご協力いただいたサバゲーフィールド「TACTICAL FIELD K」のみなさんが、とことん親切で助けられました。

初心者にわかりやすい説明、銃の貸し出しOK、使い方の指導も丁寧、何よりも皆さんとてもフレンドリー!

メアリーさんも山田も「これはハマる。」とエアガンの購入を考えてます。

害虫(蜂・ムカデ・シロアリなど)

害獣(イタチ・コウモリ・鳩など)

にお困りの方や心当たりのある方は、屈強なハンター集団「プログラント」に相談してみてはいかがでしょうか?

株式会社プログラント

場所

熊本県熊本市北区弓削6丁目27−19

受付時間

8:00~20:00
作業時間はお客様のご都合に応じます。
時間外につきましても連絡頂ければ対応可能です。
メールや電話でお気軽にお問い合わせください。

電話番号 0120-778-114

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

伊藤

伊藤

劇団「真夜中ミサイル」主宰、アニソンやメタルのDJ、バンド、サブカル好き拗らせ43歳独身。寿司食い放題で大量に喰らい、店からの出禁まで喰らった大食漢。

このライターが書いた他の記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

今年5月に終了したアースデイマーケットが「続アースデイマーケット」となって意外な場所で続いていた!

2019.11.15

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal