*
とじる
*
とじる
*
とじる

花畑広場に設置されていた熊本市災害ボランティアセンターが7月1日から熊本市動植物園駐車場に移設されました。

ライター:りよう りよう

4月22日より(仮称)花畑広場に設置されていた
熊本市災害ボランティアセンターが

7月1日から動植物園駐車場に移設されるそうです。
ボランティア活動には、

熊本県内外から33000人を超える多くの人の協力により

避難所の支援活動や片付けや清掃などが中心に行われ、今まで受け付けたボランティア依頼ニーズ6,431件に対し、残り645件になったそうです。


deltaworks-4591_791x594

今後の問題点としては、

仮設住宅等への引っ越しなど

個別的な対応が必要とする依頼が発生し ています。
それに伴い

生活支援などの対応策が求められていて
花畑広場に設置している

災害ボランティアセンターを
東区サテライト及び城南・富合サテライトと統合し、新たに熊本市動植物園駐車場に本部を移設することが7月1日に決まりました。 

ボランティア依頼については、

住んでいる方々が被災生活から普段の生活を取り戻すために支援を継続していくそうです。

 


deltaworks-4597_792x594

熊本地震から約2ヶ月半経過しましたが

今でも車中泊の人が
たくさんいらっしゃいます。

まだまだブルーシートが貼ってある屋根が目立つ状態です。 
今後も市民の皆さまが被災生活から日常生活に移行するための支援を継続してまいりますので、これまでボランティア活動に携わっていただいた多くの皆様に心より感謝申し上げますとともに、移設後の新たな災害ボランティアセンターの活動への益々のご協力をお願いいたします。
熊本市役所ホームページ引用

詳細

開設日  平成28年7月1日(金)~ 

設置場所  動植物園駐車場(正門側)(熊本市東区健軍5丁目14番2号)

受付時間  整理券配布8:00~ 受付8:30~(ボランティアとして活動していただける方)

※ボランティア依頼の電話番号、受付時間に変更はありません。

ご連絡先  090-6653-1648、090-6653-1649、090-6653-1552 

(平日9:00~16:00)

ウェブサイト   Facebookページ 
 
詳しくはこちら



data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で唯一SIMフリーiPhoneが発売日に購入できるお店を発見!意気込んで早朝から並んでみた

2020.11.13

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【最終回】三十路子連れ女が車について考えてみた ド素人がクルマについて学んだ1年間

2021.03.30

上天草の絶品海鮮とレトロな民宿を堪能したうえに宿泊費が半額になったっていう信じられないような本当の話

2021.03.29

PUBLIC RELATIONS

【最終回】三十路子連れ女が車について考えてみた ド素人がクルマについて学んだ1年間

2021.03.30

上天草の絶品海鮮とレトロな民宿を堪能したうえに宿泊費が半額になったっていう信じられないような本当の話

2021.03.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal