*
とじる
*
とじる
*
とじる

あの“ちくわサラダ”を初めて発売したお店「ヒライ立野店」が復活!

昨年の熊本震災によって、特に甚大なる被害を受けた南阿蘇村立野地区。

その、立野地区もようやく避難解除となり、これから人々の生活再建に向けて遅ればせながらようやく一歩を踏み出せたところです。

阿蘇の玄関口でもある立野で、お食事処としても有名だった「お弁当のヒライ立野店」が、来年1月12日(金)に営業を再開するとの情報を聞き、直接現地に足を運んでみました!

重要店舗でもあった「ヒライ立野店」

引用元:http://www.hirai-wa.com/

震災前のヒライ立野店の写真です。

大津を抜けて、これから阿蘇に登ろうという道中にあるのが「ヒライ立野店」

山小屋ロッジ風な外観で、それだけでも通常のヒライの店舗とは違います。

さらに、食堂スペースも広く「高菜飯定食」や「だご汁定食」など、このお店だけの独自メニューもあり、特別な存在のお店だったわけです。

あと、ヒライ名物の「ちくわサラダ」を生み出したお店が、この立野店だったというのはご存知でしたか?

※閉店前まで、そのPRのPOPが店内にも数カ所貼られていました。「秘密のケンミンショー」でも立野店が紹介されてました。

現在のヒライ立野店は?

営業復活に向けて、着々と準備が進められているようでした!

現在、立野病院付近から先へは行くことができず、まっすぐ阿蘇山には渡れません。

しかし、このヒライ前から右の道にそれると、復活した長陽大橋があるので、そこを渡って久木野方面から阿蘇山の登るルートは可能です。

立野店復活の際は一度立ち寄ってみませんか?

街から阿蘇に登ろうとお考えの際は俵山ルートになるかと思います。

しかし、お店復活の際はヒライ立野店に寄られてから、長陽大橋を通って阿蘇に行かれてみてはいかがでしょうか?

■お弁当のヒライ立野店(来年1/12 OPEN)■

オープン日
平成30年1月12日(金)

住所
阿蘇郡南阿蘇村立野835-2

電話
0967-68-0656(まだオープン前なので不通)

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal