*
とじる
*
とじる
*
とじる

「kitchen 明ヵ里」のニコニコ笑顔つきランチプレートが、ハンパなく幸せな気持ちになれる逸品でした!

ライター:かなこ かなこ

人生山あり谷あり。個人差はあるかもしれませんが、きっと誰にだって元気がなくなるときはあると思います。今回は、お店に入るときは少し落ち込んだ気分でいたとしても、お店を出るときにはニコニコ笑顔になれるようなお店「kitchen 明ヵ里」を発見したのでご紹介します!


すべてのお料理に、不思議なほどぬくもりを感じる

こちらが、「kitchen 明ヵ里」の大人気メニュー。

「とってもよくばりデミおむらいすランチセット」です。

このランチセットは、6種のオードブルプレート、サラダ、スープ、オムライス、デザート盛合せ、ソフトドリンクといった内容。

どうしてもパッと目を引くのは、このニコニコ笑顔と、「ハッピー!」の文字。

ほっぺたも、うっすらいちご色でニッコニコ!注文した人にパワーを与えると言っても過言ではないほど、不思議と心までほっこりと癒されるニコニコ顔です。

美味しそうだし、可愛いし、どれから食べようかなと迷い、、、

デミおむらいすを実食!

ふわふわの卵に、

優しい味のケチャップライス、

オリジナルのデミグラスソースがたっぷり。

「んーーーーっ!」とうなりたくなるほどの絶品です。かつ、家庭的な風味が。すべての食材が優しい味に調理されていて、子どもから大人まで多くの人から愛されそうなオムライスです。

6種のオードブルプレートがこちら。

左の上段から、「茶わん蒸し」、「クリームコロッケ」、「切り干し大根」

左の下段から、「だし巻き卵」、「キッシュ」、「かぼちゃの煮物」

どれも1~2口サイズなのですが、ひとつひとつのお料理に存在感があり、それぞれの味わいと風味が工夫が施されていて、満足感があります。シンプルかつ絶妙な味わいで、こちらもまた、不思議なほどぬくもりを感じる優しい味なんです。

6種のオードブルプレートの料理は、季節によって内容が変わるのだとか。一年を通して季節を感じるオードブルを楽しめます。

スープは、ものすごく細かく切った野菜を柔らかく煮込んでいて、野菜が口に入った瞬間にほろほろと溶けてしまうような食感。野菜嫌いの子どもも、このスープを飲んだら野菜を好きになれるかもしれないほど!?

優しい味の美味しいお料理を味わい尽くし、すでに幸せ気分になったところで…、

こちらのニコニコ笑顔つきのデザートをパクリパクリといただきます!!

一口食べるたびに自分まで笑顔になる逸品。デザートも季節によって旬のフルーツが登場するそうです。

この温かみのある優しい味わいとふわふわ感。大げさな言い方かもしれませんが、ハンパない幸福感に満たされて、大満足でした。ボリュームもあり、おなかも大満足。

デザートのニコニコ笑顔は、店主の手描き

店主の佛田絵里子さん。

デザートのニコニコ笑顔は、佛田さんの手描きだそうです。

「つくる喜び、好きな人と一緒に食べられる喜び、味わえる喜び」という想いを大切にしている佛田さん。幸せな時間を過ごしてもらいたいという気持ちが、お料理の味から伝わってきました。

お店の場所は植木ICのすぐそば

北区植木町亀甲にある「kitchen 明ヵ里」。植木ICのすぐそばです。

店内に、広いお座敷があるということも重要なポイント。小さいお子様連れのお客さんからも大好評!バンボ椅子の用意もありますので、0歳児から安心して利用できますよ。

お座敷にはテーブルが6つ。長さがあり、ゆったりと大人数でも座れるタイプです。そのほか、テーブル席が7つ。カウンター席が4つあります。

まとめ

すべてのお料理が不思議なほど優しい味わいでした。ひとつひとつのお料理に存在感とシンプルさがあり、口に入れるたび、思わずにっこり!

季節の食材をふんだんに利用した、心温まるランチプレート。「ハッピー!」の文字が描かれたニコニコ笑顔を眺めながら食べる至福のひととき。幸せな時間を過ごしながら、元気になれるハッピーなお店です!店頭ではケーキ等のテイクアウト商品も購入できますよ。ぜひ足を運んでハッピーな時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

kitchen 明ヵ里

営業時間

11:30~14:30(ランチタイム)

14:30~16:00(カフェタイム)

18:00~22:00(ディナータイム)

定休日

月曜日

(月曜日が祝日の場合、翌日の火曜日が定休日)

駐車場

40台

住所

熊本県熊本市北区植木町亀甲259-4

電話番号 096-272-2105

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

かなこ

かなこ

経営情報誌の記者、業界新聞の営業を経験した後、一般事務職、専業主婦を経て現在に至る。 長いこと東京に住んでいたが、やっぱり熊本が好きで戻ってきた、二児のママライター。 好奇心旺盛な行動派。趣味はドライブと温泉。

このライターが書いた他の記事

昭和から続く老舗「合志の館」で「やきチャンポン」はメガネがくもるほどアツアツで美味い

2019.07.31

肉厚で柔らかい「豚ロースかつ丼」に思わず舌鼓!変わらない味を守る七城町の「永楽」

2019.07.30

暑い日にぴったり!南阿蘇をドライブ途中に目につく「南阿蘇 自然派ソフト」のアイスクリームでひんやり!

2019.07.29

息を呑むほど驚いた絶品の黒豚!7月5日にオープンした鹿児島黒豚とんかつ専門店「龍之介」に行ってきた

2019.07.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03