*
とじる
*
とじる
*
とじる

北区のカフェ「赤い糸」で珈琲の焙煎体験して最高のコーヒーブレイクしてきた。

ライター:言 言
キーワード:

朝食に、作業のお供に、ちょっとした休憩に・・そんな生活になじみ深い珈琲
わたくしも、珈琲は生活には欠かせない!そんな珈琲好きの一人です。
今回はもっと珈琲のことを知るべく焙煎体験ができるというカフェにお邪魔してきました!


北区の珈琲と雑貨「赤い糸」

焙煎体験ができるというお店「赤い糸」は熊本市北区下硯川、国道三号線沿いから熊本環状道路に通じる曲がり角を曲がった先。
おべんとうのヒライ北部店の裏手にございます。ベッカライヘスティアさんの並びですよ

店内は木のぬくもりが感じられる素敵な空間。家具や什器もお店を始めるまでに少しずつ買いためていたというこだわりのものばかりです。

外国からやってきた雑貨や、作家さんのアクセサリーなどが並んでおります。

珈琲は3種類を週替わりで提供されているとのこと。
というのも、珈琲は生鮮食品なので焙煎してから一週間以内がベスト。それ以上時間が経つと酸化して味が落ちてしまうため、週ごとに焙煎して提供されているのだとか。

焙煎したての新鮮な珈琲はとっても飲みやすく、珈琲が苦手でも「ここのはおいしい」と言う方も多いそうです。

実際に焙煎してみた

というわけで早速焙煎体験をさせてもらうことに!

使う道具はこちら!
難しい機械とか使うのかなと思ったら・・なんだか、キャンプみたいでわくわくしますね。

さっきから気になってた、この不思議な形の鍋ですが
こちらは焙煎専用の陶器製の鍋で直接豆を入れて火にかけていくそうです。

焙煎する前の豆「生豆」。色も黄色っぽくて大豆みたいです。この量で大体4杯分くらいだそう。

こちらを鍋に入れて火にかけていきます。この持ち手のところが空洞になっていて、熱い空気が出てくるので気を付けて持ちます。
気を付ける点はそこだけであとは、焦げ付かないように適度に鍋を振ってねだそうです。

え?それだけでいいんですか?

とりあえず言われたとおりに振ってみます。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、だんだん豆の色が変わっていっています。
中からポンポンと弾ける音が聞こえてきて、めっちゃくちゃいい香りが漂ってきます。
「そろそろもう大丈夫だと思いますよ」と言われたのでお皿に移すことに。

ドーン!と勢いよく豆たちをお皿に。

ホッカホカでツヤツヤの豆が出てきました!この間ほんの5分ほど。

あっという間に焙煎出来ちゃいました!

ちなみに豆は同じでも焙煎の時間などによっても味が全然変わってくるそうです。
なかなか奥が深そうですが、思っていたよりもかなり簡単に、放置されてもできちゃいました。

実際に飲んでみた

焙煎した豆を冷まして、早速挽いて粉にします。

今回は機械で挽いてもらいましたが、手挽きだとかなり軽くサクサク挽ける実感が得られるそうですよ

こちらにお湯を注ぐと・・

おお!モコモコ泡!

続けてお湯を足していってもモコモコ泡は全然崩れません。
お安めなドリップ珈琲だと泡がぺしゃんこになっていくんですよねー
そして漂ういい香り!!!

透明度の高い珈琲が抽出されました!
赤みを帯びていてワインのようで美しいですね

完成!!!
これこそまさに「焙煎したて挽き立て淹れたて珈琲」です。最高の贅沢なのではないでしょうか?
お味はすっきり飲みやすい!!そして香り高い!!

珈琲にはやっぱりスイーツですよね~自分で焙煎したからでしょうか、余計美味しく感じます。

4杯分ということで、ちょうど来店されていたお客様にもおすそ分けさせて頂きました。
メッチャ美味しい!」を頂きました!嬉しいです。

たまたま居合わせたお客様とも交流できて、最高のコーヒーブレイクタイムでした。

熊本で焙煎体験ができるお店はかなり少ないとのことですが
とっても簡単ですし、何より自分で焙煎して淹れた珈琲が飲めるなんて最高です。


教えていただいた店主の大坂さん
珈琲のよさをもっと知って欲しいと他にもたくさんお話ししてくださいました。

珈琲好きの方はもちろん、苦手な方
お子様でも簡単にできるとのことでしたので是非体験しに行ってみてはいかがでしょうか!

赤い糸

住所

熊本市北区下硯川町480-1

定休日

月曜日

火曜日

日曜日

営業時間

水・木 11:00~18:00

金 14:00~21:00

土 13:00~21:00

駐車場

Instagram

https://www.instagram.com/ito_love_peace/

電話番号 096-245-1386

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

言

読み方はKoto。時空旅行服飾魔女。 美味しいもの&かわいいもの・綺麗なものを求めてあちこちふらふら冒険中。

このライターが書いた他の記事

紅茶派の皆さんへ。菊陽町の「TeaRoom tete(テテ)」の紅茶とスコーンで優雅なティータイムしてきた!

2020.11.09

カワイイワールド発見!藤崎宮参道にブライスドールのショップ「Juliet Pink(ジュリエットピンク)」のカワイイ空間・・

2020.08.06

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #7プロに愛車を選んだ理由を聞いてみた!

2020.12.04

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #7プロに愛車を選んだ理由を聞いてみた!

2020.12.04

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal