*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。川上です。

最近、ちむどんどんしてますか?ちむどんどんは沖縄方言で「胸がわくわくする気持ち」だそうです。

今年の4月に菊池市に沖縄料理のお店がオープンしました。タコスをメインとしている「あらかきタコス」です。お店は一歩中へ入ると、まるで沖縄。その雰囲気にちむどんどんしたので早速ご紹介していきます。


本気の沖縄空間にちむどんどんしてきた


本日ご紹介するお店はこちら「あらかきタコス」。沖縄タコス&タコライス専門店だそうです。


場所は菊池市役所横。横?裏?とりあえず菊池市役所の駐車場を奥へ進むとお店に出会えます。


中に入ると完全に沖縄。


天井にはゴーヤ。


インテリアも雰囲気も沖縄のイメージそのもの。なんだかワクワクしてきました。


テーブル席はお洒落な椅子がプライベート空間を演出しています。これは今の時代、個室風にしたいという想いでオーナーさんが作られたそうです。


奥にはお座敷もあるので、小さなお子様と一緒の方はこちらがおすすめ。


おひとり様には広めのカウンター席もあります。

迷ったら両方食べればいい


メニューはこちら。名物のタコスタコライス沖縄ソーキそばに…色々あります。


迷ったらタコスとタコライスのハーフセットもあるのでこちらがおすすめです。私もこちらを注文しました。


ハーフセット1000円

やってきてびっくり。


野菜がたっぷり。これはヘルシーです。


タコライスにも野菜で山が出来ています。これは罪悪感少な目。


一緒に出てきたソースはお店自家製のもの。ノーマルと辛いサルサソースの2種類です。

まずはタコスから頂きます。

持ち上げて気づいたんですが、野菜に加えてお肉とチーズもたっぷり。ちむどんどん。


ソースをたっぷり掛けて食べてください。とのことだったのでたっぷりと。うん、美味しい!

たっぷりの野菜と、しっかり味がついてる挽肉が相性抜群!挽肉がスパイシーで食が進みます。外側のトルティーヤがパリパリなので、軽い。ペロっと食べられそう。


今度は辛いサルサソースで。トマトベースでサッパリしていて爽やかな味わい。辛みはあまり感じず、後味がピリッとするくらい。それでもトッピングのチーズがマイルドでとっても食べやすいです。

「あらかきタコス」のタコスはメキシコ料理ベースのタコスで、沖縄でよく食べれているものを忠実に再現されているんだとか。


タコライスはほかほかのご飯の上に野菜・挽肉・チーズがこれまたたっぷり。こっちはボリュームたっぷりでまた違った美味しさです。

そして、もしタイミングが良ければこんなことも…

オーナーの新垣さんはうちなーんちゅで三線も弾けちゃいます。タイミングが良ければ演奏も聞けるかも!?

テイクアウトもあるので是非!

お料理はテイクアウトも可能。

沖縄発のサーターアンダギーもあります。


オーナーの新垣さんのお母様のレシピで、ザクっとした食感。そして、しっかり甘いけど懐かしい優しい味が絶品です。

熊本では中々見かけない沖縄料理が楽しめるお店。是非菊池へ行かれた際には行ってみてくださいね。

あらかきタコス

住所

菊池市隈府877

営業時間

11:00〜19:00

Instagram

https://z-p15.www.instagram.com/arakaki_tacos/

電話番号 0968-24-0143

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

夏だ!カレーだ!「インド料理 SANJI 松橋店」のカツカレーを汗をかきながら掻き込む幸せ。

2022.06.27

創業69年!雰囲気抜群な空間広がる「コーヒーショップNANA」で優雅にランチをして日々の疲れに癒しを。

2022.06.25

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

流れ星にお願い事をするんじゃなくて、自らの手で叶えたい!!!~ビジネスの作り方を女性起業家に届けるWeb集客コンサルタント〜

2022.05.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal