*
とじる
*
とじる
*
とじる

この美味しさはプライスレス!老舗旅館「松屋」のワンランク上のテイクアウトに感激!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

70年ほどの歴史をもつ水前寺の老舗旅館「松屋」。ラグジュアリーなホテルの様な旅館がコンセプトの「松屋本館」と、カジュアルな旅館の様なホテルの「松屋別館」があり、丁寧なおもてなしや、お料理が大好評です!本館・別館ともにミシュランにも掲載された名旅館ですが、その「松屋」が初のテイクアウトをスタート!

旅館やホテルでしか味わえない本格料理がおうちでも味わえるようになったと聞けば、食べない手はありません!

実際にいただいてみると、あまりの美味しさに言葉を失うほど…!お値段以上に価値ある料理の数々です!


逆境でもおもてなしの心を忘れない

水前寺公園近くにある「松屋」は、シンプルで洗練された雰囲気の素敵な旅館です。

現在、「松屋本館」は休業されていますが、ビジネス利用やリピーターのお客様もいらっしゃるため、「松屋別館」の方は営業を続けられており、ロビーやフロントには、たくさんの生花が飾られていました。

どんなに予約が少なくなっても、館内の消毒を徹底的に行い、灯りをともし、いつも通り美しいお花を飾ってお客様をお迎えする、という宿の方針を知り、どんな苦境にあってもお客様への愛を忘れない、真のおもてなしの心を感じ、胸に響きました。

スタッフも長年働かれている方が多く、「松屋」のために一緒に泣いて、笑って、悩んで、自分たちで作りあげ、変えていく、という意識をもった一生懸命な方ばかり。女将の西上さんも誇りに思われています。

そんなスタッフの方々と試行錯誤し、今回、初のテイクアウトメニューを出されることに。格のある老舗旅館のテイクアウトメニューとなれば、期待大です!

南関揚げ巻きに出汁巻き玉子 本格和食に感激

「松屋別館」には、予約もとれないほど人気というダイニング「肥後ダイニング そろ」がありますが、こちらの和食の料理長である岩本料理長による、南関揚げ巻き(1,700円税別)と、職人の出汁巻き玉子(1,000円税別)をいただいてみました。

こちらが彩りも美しく、丁寧に作られた南関揚げ巻き。一口食べてみると…

はぁ~~~っ!美味しすぎる…!!!

優しい味の出汁をふくみ、ふっくらと柔らかくたきあげられた南関揚げと、ほろっと崩れるごまの風味のきいた熊本産のご飯がマッチして、今までのいなり寿司の概念を覆す美味しさ!!

「いなり寿司が大好きなおばあちゃんの誕生日祝いに…」と買って行かれたお客様もいらっしゃるそうですが、お孫さんからこんなに美味しいものをプレゼントされたら、おばあちゃん、涙を流して喜ぶんじゃないか、と思うほどの美味しさでした。

また、九曜紋の焼き印が押された黄金の出汁巻き玉子は、かなりの大きさです!玉子6個を使われているそうで、厚さはなんと4cm!

上品な出汁をたっぷりふくんだ優しい味で、小さな子どもからご年配の方まで、みんなに愛されるような味!こちらもプロならではの味で、家庭では真似ができない逸品です!!

正直、食べる前は、他店のテイクアウトに比べてお値段もお高めで、手が届きにくいなぁ、と思っていたのですが、食べてみたら、その価値はお値段以上!!むしろ、このお値段でこんなに美味しいものが食べられる幸せに、ありがたみを感じるほどでした!

贅沢な洋食メニューも

和食に加え、松屋本館の洋食の北坂総料理長監修の洋食メニューも販売されています。

牛ロースステーキ(1,500円税別)は、分厚いステーキ8切れに、おいしいフライドポテト付き!

食べてみると、この絶妙な焼き加減が最高~!

柔らかくて、噛めば牛肉の旨味が口いっぱいに広がり、冷めていてもこんなに美味しいのが、不思議でたまりません。

水菜とサーモン フルーツのサラダは、シェフ特製の柑橘ドレッシング付き(一人前650円税別・画像は二人前)。

こちらは口に入れると…爽やかさが駆け抜ける…!

シャキシャキの水菜と玉ねぎに、みずみずしいオレンジとドレッシング、そしてサーモンもたっぷり!オレンジピールもトッピングされており、オレンジの華やかな香りで、さっぱりと食べられます。

どれもこれも、ため息が出るほど美味しくて、普段の食卓に加えるもよし、いくつか注文して、おうちパーティーするもよしの贅沢メニュー!「オードブルや配達も相談に応じます」とのことでしたので、お気軽にご相談下さい。

美味しい食事をいただくことが、いかに幸せかを感じさせてくれたワンランク上のテイクアウトメニュー、ぜひ食べてみていただきたい料理ばかりでした!

(※来店後のオーダーも可能ですが、事前予約がおすすめです)

松屋別館

電話受付

24時間対応可能

「松屋別館」フロントにて受け取りになります

電話番号 096-381-1223 ※「肥後ダイニング そろ」の電話番号になります(受け取りは松屋別館)

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

こだわりぬいた薬膳フレンチに感動がとまらない!「キュイジーヌ テロワール 寿-ヒサ-」が大津にオープン!

2020.10.28

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal