*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。
日々の疲れを癒しに自然豊かな阿蘇へ行った時のこと。

せっかくだからとランチに行ったカフェのお料理がとってもクオリティが高い上に時間がのんびりと流れる素敵なお店でした。森の中でひっそりと姉弟で営んでいらっしゃるんだそうです。

ここは要チェックです!
早速ご紹介したいと思います!


迷子になる気しかしない森の中


ご紹介する「cafekarin」へ行かれる時にナビは絶対必要です。

断言します。

迷います。


無事にナビで近くまで行くと案内看板があります。注意して見ていてくださいね。


看板にしたがって進むと「cafekarin」へ。


森の中のカフェと言うだけあって自然がたくさん!
山の中?とも言えるかもしれません。右も左も上も下も大自然なので全身で自然を感じられます。


開放的なテラス席がいくつもあってのんびりとした時間を過ごせます。

カフェと思って侮るなかれ


ランチは日によってメニューが変わるそうで、この日は3種類でした。

その中で阿蘇自然豚のローストを頂きました!


前菜の季節野菜のサラダ。

野菜たっぷり。お料理には自家栽培や地元の食材を使っているそうです。新鮮でびっくりするほど甘い!シンプルな味付けなので食材の旨みが引き立っています。


前菜と一緒に出てきたレーズンのパン。

もっちもち。レーズンはみずみずしくて口の中でじゅわっと果汁が出てきます。うまっ。


人参とさつまいものポタージュ。

すっごく濃厚。甘くってクリームを飲んでるみたいな感覚になります。

そして

とうとうやってきました。
メインの阿蘇自然豚のローストに黄かぶ、春キャベツ、うずら豆。

まず自然豚の大きさに圧倒されます!


この分厚さ。
かなりボリューミーです。

この豚さん、こんなに分厚いのにめっちゃ柔らかい。そして脂が甘いんです。だから全然くどくなくてあっさり美味しい。

そして、自然豚もさることながらお野菜もめっちゃ美味しいです。(美味しいばっかり言ってるんですが美味しいんですもの、ごめんなさい。)

ついつい豚さん忘れてお野菜に夢中になるところでした。


メインと一緒に出てくる石窯パン。
こちらもまたもっちりしていて美味。

パンは全て自家製天然酵母の石窯パンで、石窯から手作りされているそうです。薪を燃やして窯には温度計もタイマーもなく、自身の感覚で焼き上げるそうです。凄い。

絶対付けたが良いケーキセット


ランチはプラス400円デザートがセットに出来ます。

はじめはランチの量が多そうなのでやめてたんですが…めちゃめちゃ美味しかったのでこれはデザートも食べたい‼︎いや、食べなくては‼︎と思い、追加しました。

大正解。


※選べるドリンクはランチに付いています。


デザートは有機りんごのタルトタタンに。

これがまためっちゃ美味しい!
大正解‼︎

りんごの酸味をしっかり活かした甘酸っぱいタルトタタン。煮たリンゴの表面はパリッパリになっていて食感も楽しめ絶品でした。

絶対にデザートセットがおすすめです。

お土産も是非!狙い目は木曜と土曜!


店頭に石窯パンが並んでいて購入することが出来ます。

パンの購入を目当てに来る方も多く、ランチのお土産にもちょうどいいですね。


パン焼く日は木曜日土曜日の週に2日だそうで、さらにパンと一緒に田舎パイスコーンも焼かれます。

焼き立てのパンをゲットできる木曜日と土曜日が狙い目のようですね。ただ、私が行った平日でも次から次へとお客様がいらっしゃっていて常に満席の状態でしたので予約していくのがおすすめです!

さらには一日一組限定で宿【tsunagu】も経営されていて、「cafekarin」のお隣にあるそうです。こちらも是非チェックしたいですね。

cafe karin

住所

〒869-2403熊本県阿蘇郡南小国町中原4581

営業時間

≪水~土≫10:00~17:00(L.O16:00)
≪日≫10:00~16:00(L.O15:30)

定休日

月・火曜日

Instagram

https://www.instagram.com/sei_karin/?hl=ja

HP

cafekarin.jimdo.com

電話番号 0967-42-1608

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal