*
とじる
*
とじる
*
とじる

11月24日オープン!「なるとキッチン 熊本下通店」で北海道のザンギを一足先にガブっと食べてきた!

ライター:山田 山田

下通りアーケードの「SANSHIN」跡に「なるとキッチン熊本下通店」が11月24日にオープン!ということで、一足先にお邪魔して、自慢の小樽名物の「若鶏半身揚げ」や、「ももザンギ」をガブッといただいてきました!他にもししゃもや氷下魚(こまい)などの海の幸も満喫してきたらめちゃ美味でしたよ!

ザンギとは北海道のからげの事。生姜が効いた独特の味。


下通りにオープン!「なるとキッチン」

11月24日(水)、下通りアーケード沿いのSANSHIN跡に「なるとキッチン」がオープン!小樽名物の若鶏半身揚げとザンギの専門店で、他にも北海道ならではのメニューが楽しめる居酒屋さんです。

ということで今回、編集部の面々で一足先にお邪魔してきました!

正直、から揚げとザンギの違いも知りませんが、楽しみで仕方有りません。

店内はSANSHINの頃の雰囲気を残しつつ、居酒屋に改装されていました!

1階は外とカーテンで仕切られていて屋台のような半テラス席のような雰囲気。

今回の目的は「若鶏の半身揚げ」と「ももザンギ」ですが、他にも気になるメニューがたくさん。ランチメニューも豊富でした。詳しくは前回の記事にて!

ということで、まずは乾杯!!!なんかこういうの久しぶりな気がします。

唐揚げ…もとい、ザンギといえば、ビールやハイボールと一緒にいきたいところですが、ドリンクの種類も豊富。北海道のお酒のほか、生搾りのサワーや、北海道産の黒豆茶なんかもありますよ!

ザンギ実食!1個1個がとにかく大きい!!

ザンギの揚げ上がりを待つ間、「小樽珍味3種盛り(税込880円)」をアテに。イカの塩辛、松前漬け、タコわさび。

どれもお酒が進むんですよ。

続いて、北海道特産の「氷下魚(こまい)」と本ししゃも。

まず、1匹がでかい。素揚げにされた氷下魚は、ふわっっっふわで美味しいんですよこれ。いい感じの塩加減でお酒も進みます。

そして、いよいよお待ちかねのザンギ!まずは、鶏もも肉を使った「ももザンギ」。

これ、1個200円なんですよね。普通唐揚げ1個200円って言われたら「たっっか!!」って思うじゃないですか。

大きく口を開けてかぶりついても、ちょっとかぶりつくのがやっとのボリューム感。このサイズなら納得です。

噛みしめる度にじゅわ、じゅわっと油が広がって行きます。生姜の風味でお酒にもご飯にも合う美味しさ。

そしていよいよ…

名物!若鶏半身揚げ!

そして、いよいよやってきました名物「若鶏半身揚げ(税込1200円)」。先程のザンギもなかなかの大きさでしたが、こちらはその名前から分かる通り、鶏を半身まるっとあげているので、圧巻のサイズ感。どうやって食べるの?と思いますが…

お願いしたら、店員さんが部位ごとに分けてくれます。もちろん、自分たちで分けてもOK!

きれいに分ける方法はメニューと一緒に各席に説明書きがあるので、やってみても楽しいと思いますよ!

ちなみに、編集部の伊藤はそのままカブりついて「熱い…熱い…」と言っていたので、みなさんはお気をつけください。

皮の部分を初め表面はパリパリで味もしっかりついています。

半身なので、モモ、ムネ、ササミ、手羽と様々な部位を楽しめるのもポイント。好きな部位を食べられるのも嬉しいですね!

「ももザンギ」も美味しかったんですけど、「半身揚げ」も流石の美味しさでした。

シメはさっぱり「濃厚鶏だしそうめん」で!

食べて、飲んだら最後はシメ!ご飯物もありますが、今回は「濃厚鶏だしそうめん(税込760円)」で。

鶏だしは6時間かけて作ったもの。最初から最後まで鶏を満喫できます。

これもジュルジュルっとすすっていただきます!

胃袋に負担をかけないそうめん最高。

優しい味わいで、シメに食べても罪悪感なしで楽しめます!濃厚な鶏の味わいがたまらない美味しさの一品ですよ!

お得なオープニングイベントも!

美味しいザンギを楽しめる「なるとキッチン」。いよいよ11月24日オープンです!

まず、オープン日の11月24日と翌25日は、半身揚げが先着50名限定で1200円→600円に!!
そして、ザンギ6種セットが1150円→880円になります!!

また、オープンから1週間、11月30日までの期間は生ビールが520円→350円に。更にはランチタイムの定食も940円のものが800円で楽しめます!!

このお得な期間にぜひ皆さんも自慢のザンギと半身揚げを始めとした北海道の味を堪能してくださいね!

なるとキッチン 熊本下通店

住所

熊本県熊本市中央区下通1丁目9-12 三信ビル1,2F

営業時間

11:00~24:00(LO23:30)

定休日

なし

電話番号 0963260888

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

人吉の「ちいさなちいさなパン屋さん」のメロンパン「スーパーメロン」がデカくて美味しかった

2021.11.19

唐突な海辺感!隠れ家っぽい菊陽町の「MATSU COFFEE」のビーチみたいなガーデンで珈琲パフェを満喫!

2021.11.16

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

PUBLIC RELATIONS

「アダルトショップに行ったことがない人間は信用できない」ヨッピーが語る人生の哲学

2021.11.30

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal