*
とじる
*
とじる
*
とじる

水俣に来たらまずこれを食べたい「美貴もなか」

水俣では有名な和菓子店。「柳屋本舗」の“美貴もなか”

創業昭和8年という歴史ある和菓子店で、昭和43年に発売した最中が人々に愛され、そのまま約50年近く変わらぬ味を提供し続けています。

場所は水俣市の中心

場所は水俣市の中心部に位置します。

水俣川に架かる橋の近くに郵便局があり、その方向に曲がって進むと、こちらの案内が見えます!

一瞬シャッターが降りていて、あれ?と思いますが、店舗はここからまた奥に進むそうです。

看板から奥に進むと・・・

門から入り、庭園を眺めながら店舗まで進みます。

お店に向かう敷地内で絵画なども飾られてました。

建物の玄関が直接直売スペース

ショーケースなどではなく、玄関口で直接和菓子を買うことができます。

玄関前ではテーブル席があり、こちらで食べることもできるそうです!

以前お茶を沸かされていたのかなという火鉢が!これもまた風情があっていいですね。

お店の方との距離も近く、新鮮で面白いですね!

お目当の“最中”

英語やひらがなが多様されたメニューで表記されているので、海外の観光客の方にもわかりやすいですね!

「柳屋本舗」さんもうひとつの絶品商品が“羊羹”

餡とくれば、外せないのが“羊羹”最中と並ぶ人気の商品です!

実食!

五角形のフォルム、歴史を刻んだ愛らしい形です。

このたっぷり餡の分厚さ!

普通の最中にはない弾力感。だからといって粘り気はなく食べやすく、なんといってもこれだけの餡子の量ながら、とても上品な甘さ。このお店でしか手に入らない逸品です!

保存料及び、食品添加物は一切不使用されていないので、購入後一週間が賞味期限となるようです。

水俣にお寄りの際はぜひ!

通販なども行なっていないので、特別な“和菓子の宝物”です。お店でしか購入ができないので、1度立ち寄られたみてはいかがですか?

■柳屋本舗(美貴もなか)■

営業時間
8:30~17:00

定休日:無休

住所
熊本県水俣市陣内1-9-27

電話
0966-63-2239

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal