*
とじる
*
とじる
*
とじる

【閉店】「カレー劇場多舞羅雄」で永ちゃんと共にウマいカレーを楽しんで来てしまった話


このカレーにたっぷりの愛を。

こんにちは、皆さまカレーはお好きですか?

熊本はカレー屋さんが沢山あり様々な名店があります。
皆様も、よくご存じだとは思いますがそんな名店の一つである龍田にある
「カレー劇場 多舞羅雄」さんが 7月いっぱいで体調不良の為に閉店してしまいます。

名店のカレーを楽しみたいと思い「カレー劇場 多舞羅雄」さまをブラリ訪れる事にしました。

そんな、ウマいカレーを楽しめるお店はここ!!

熊本市龍田、豊肥本線竜田川駅から歩いて2分のところにあります。

そんなお店の店内はこんな感じです。

ベンチ式の椅子にテーブルにカウンターで、こじんまりとした店内が凄く心地よい。

オーナーさんの書いた色紙が飾られています。
よく知られていますがオーナーさんは「矢沢永吉」が
大好きなので勿論、店内のBGMは永ちゃんです。

メニューはこれだ!!!

ラーゴ(ルータイプ)、ボルケーノ(野菜)、キーマ(引き肉)のメニューがあります。
ダブルは上記から2つ、トリプルは全部となります。

御飯の量も選択できて普通で茶碗1杯分、大盛りで茶碗1、5杯、特盛で茶碗2杯が目安です。私はラーゴ、野菜、キーマの三種がけにポークソテーのトッピングです。

名店のカレー様が来られました!!
友人と今回利用したのですが・・・もう「両手にいっぱいのカレーを」状態です。

これが私のカレー

友人は気まぐれと野菜のダブルにチキンソテートッピング。

友人の一人は大盛

よ・・・よしっ!!食べるやるぞ・・・!

・・・・・!!!!
うっ・・・うまっっっ!!なんじゃ、こりゃ、うまい!!! オーバーな表現ではありません、カレーのうま味がこんなに口を襲ってくれるなんて!!
ウマい!!!しか言えないではないですか!!

キーマはひき肉のうま味とカレーのうま味が野菜のルーは野菜の甘み以外にも感じます。

サラサラタイプのボルケーノもご飯に「えいやっ!」と言わんばかり、しっかりかけて食べたくなるルーです。ポークソテーも家庭の懐かしさも感じる美味しさです。甘辛くご飯と一緒に食べても美味しいと思います。

御飯に合うカレーですが家では、こんな美味しいカレーはつくれません。
因みに辛さは、このオーナー特製コチュジャンみたいな調味料で調節です!
また、この特製調味料の味が美味しいんです!
うま味と辛みって本当に難しいのですが美味しいです。

オーナーに聞いてみた!!

「野菜のカレーは甘いけど、野菜だけじゃないですよね」「ココナツも使っているの?」と聞くと・・・
「俺・・・カレーを作る時はイメージするんだ、このカレーはこう作る時ピンっと南の島でカレーもってるイメージがしたんだ」

南の島・・・一致しました・・・。
確かに南の島で食べるカレーというイメージがあります。

その語、「昔は別容器にカレーを入れて出していたんだ、するとカチャカチャカチャ・・・つて音がするんだよ。食べ方とか、しつけを煩く言われて育ったから「何だ?」って思って見るとお客様がスプーンで容器から綺麗にカレーを取っている音だったんだ、もう、ご褒美の音だと思ったね」という話や人生の話等、熱く語ってくれます。

こんなトークを聞けるのは「カレー劇場 多舞羅雄」さまだけ!!!

そうして完食、綺麗に食べた100点満点!

「キャー、美味しい、美味しい」と黄色い悲鳴を上げながら私たちは完食してしまいました。

感想

このカレーを食べた後は「幸」・・・この字しか浮かばない何とも言えない満足感と「もう一皿ぐらい、いけるんじゃね?」と思いました。
さすが長く愛されたカレーだけあります。
カレーを出された瞬間からカレー愛をひしひし感じます。

こんなみんなに愛されている美味しいカレー屋さんが閉店されてしまうのは悲しいです。 オーナーの人柄、キャラ、カレー、どれをとっても代用はありません。
オンリーワンな印象を持ちました。もう、カレーに愛し愛された漢だと思います!

オーナーさんの体調が戻る事を全力で応援しお祈りしたいと思います。
誰かオーナーさんの味を受け継ぐ方がいればいいなと妄想してしまいます。
皆さんも残り約1か月カレーを存分に味わってみてはいかがですか?

そこまで量を作っていないという事なので 出来るだけ開店1番に行事をおススメしたいと思います。 美味しいカレーを御馳走様でした!!!

フォトジェニックな豚足様はテイクアウトできますよ。
これまた、大きさに拘りの豚足なので絶品なのです。

■カレー劇場 多舞羅 雄■

営業時間:12:00~15:00 17:30~22:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日と火曜日、臨時休業あり
TEL 096-337-8508
住所:熊本県熊本市北区龍田陳内1-1-105
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

夏だ!星を見よう!「森林体験交流センター さかもと八竜天文台」でキャラの濃い館長と遊んできた

2019.08.12

手羽唐がうまかぁ!移動販売の「久舷(きゅうげん)商店」の直売所が氷川町に7月17日にオープンしたぞ!!

2019.08.05

7月4日オープン!早くもグルメの間で噂「中華そば SANYO」の透き通ったスープの中華そば!

2019.07.17

映えるのはあたりまえ! 素材にこだわりまくったタピオカシーンのニューフェイス「茶林堂」、7/1市立体育館前にOPEN!

2019.07.10

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03