*
とじる
*
とじる
*
とじる

八代市の自家焙煎珈琲のお店「ENDELEA COFFEE」のこだわり空間に潜入してきた!

ライター:言 言
キーワード:

作業のお供は必ずコーヒー!そんな方も多いのではないでしょうか、わたくしもその一人です。

でもたまにはゆっくりお店で楽しみたいときもありますよね~。

今回は八代の自家焙煎コーヒーのお店、「ENDELEA COFFEE(エンデレアコーヒー)」に潜入してきました!


八代市横手新町のコーヒーショップ「ENDELEA COFFEE」!

八代市横手新町にある「ENDELEA COFFEE」。

建物が二つ並んでおりますが、こちらの看板があるドアが「ENDELEA COFFEE」です。

お店の中は、秘密基地の様な空間!

コーヒーのいい香りに包まれております。

こだわりの自家焙煎!理想を追求するスペシャリテコーヒー

店主は地元八代で2017年4月にこちらのお店をオープン。

八代には自家焙煎コーヒーのお店が少なかったこともあり、地元の方はもちろん、Instagramなどを通じて各地から美味しいコーヒーを求めてお客さんが訪れるのだとか。

お店のコーヒーは農園や生産者にこだわった「スペシャリティコーヒー」をメインに高品質の豆を自家焙煎で提供しているそうです。

焙煎によって味が変わるので、自分の理想の味に近付けるためにこだわっているのだそう。

今回は店員さんおすすめのローステッドアーモンドラテ、それからコーヒーゼリーをいただきました。

ローステッドアーモンドラテは、アーモンドの風味が後味に香り、しっかりめのコーヒーにマッチした大人のお味。

2層になっていて見た目も”映え”ますね~。

コーヒーゼリーはゼリーをストローでクラッシュしていただきます。

ミルクと混ざっていい感じ!

シロップもたくさんの種類から選べるのですが、今回はキャラメルを選択。こだわりコーヒーのゼリーがとっても美味でキャラメルにもよく合う!

デザート感覚で楽しめる一品でした。

おしゃれな音楽と落ち着く照明の空間でのコミュニティ

空間と音とコーヒーを楽しんで欲しい!お店の空間づくりにもこだわっているそうです。

店内に流れているミュージックも店主セレクト。

店内の照明も落ち着いていて、リラックスできます。

この日もお客さんがコーヒーを飲みながらゆったりトークを楽しんでいらっしゃいました。

おしゃれなコーヒーショップとしてだけでなく、地元八代でのコミュニティの場になっているんですね!素敵です!

コーヒーや八代についてたくさん教えてくださった店主。とっても気さくにお話ししてくださいました。

コーヒーを通じてコミュニティの場になればと、カフェとコラボしたランチ企画やお店でのライブなど様々なイベントも企画されているそうです。

スタッフと交代でできるだけお休みせずお店を開けているそうですよ!

ゆっくりコーヒーを楽しめる空間にぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

住所

〒866-0875 熊本県八代市横手新町18-1

営業時間

10:00~18:00

定休日

なし

駐車場

あり

SNS

Instagram

電話番号 090-3663-6742

ライター紹介

言

読み方はKoto。洋服オタク。 美味しいもの&かわいいもの・綺麗なものを求めてあちこちふらふら冒険中。

このライターが書いた他の記事

和モダンな古民家カフェ「ZeroCafe(ゼロカフェ)」でカラダと心を労わる健康ランチ!

2023.01.06

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal