*
とじる
*
とじる
*
とじる

コーヒー店が出す本格的なスリランカカレーが思いのこもった1品だった

カレーって年齢を問わず人気がある料理ですよね!

西里駅近くのコーヒー店が手掛ける、本格的なスリランカカレーは地震がきっかけで始めたカレーなんだとか。

色々と気になったので早速食べに行ってきました!


場所は西里駅のすぐ近く

場所は熊本市北区にある西里駅より徒歩3分。今回本格的なスリランカカレーが食べられる「NATURAL COFFEE」(ナチュラルコーヒー)。

おしゃれな外観で分かりやすく、通るたびに気になっていた方も多いのではないでしょうか。

気になるので早速行ってみます。

コーヒー店ならではの光景

店内へ入ると、まず目に飛び込んでくるのがずらりと並ぶたくさんのコーヒー豆。

コーヒー豆によって苦みや酸味それぞれ異なるので、好みについての相談や淹れ方についても丁寧に教えてくれますよ!

こだわりのコーヒー豆から作ったクラフトビールもあり、味もすごく気になります。

他にもおしゃれなポットや、従業員の方が陶芸の技術を学び手作りしたというカップなどがあり、贅沢なコーヒー時間になりそう。

本格的なスリランカカレー

メニューはこんな感じ。

ランチメニューではスリランカカレーをメインに展開し、カレー以外にもカツサンド、ホットドックなど種類は豊富です。

今回は一番人気の「スリランカチキンカレーセット」税込¥880 注文。

なくなり次第終了というこのカレー、お昼を過ぎると完売してしまうこともあるので、早めに行くことをおすすめします。

早速頂いてみましょう!

スパイスの香りと共に登場。俺史上初スリランカカレー!

見た目はオレンジ色でスープカレーのようなさらさら感があります。

お肉もゴロッと入っていて美味しそう。気になる味はどうでしょうか!

一口食べてみました。

辛さは少々ありますが、それほど強くはありません!

スパイス独特の味が濃く、ご飯がパラパラしているためスープカレーとの相性は抜群。

鶏肉も凄く柔らかく、味が染みていて最高です…。

セットでコーヒーがついてきますので、一緒に楽しめますよ!

これがまた凄く合います。スリランカカレーとコーヒーの組み合わせは絶品です。

地震がきっかけで始まったカレー

スリランカカレーは、元々オーナーの益田さんが趣味で作っていたもの。

熊本地震直後に、何かできることはないかとコーヒーを無料で提供していたのですが、たくさんの地元の方から「カレーも是非出してほしい!」という声があったそうです。

当時、オンラインでコーヒー豆を販売する会社だったため、「地元の方を元気づけられるのであれば」という思いから始まりました。

コーヒー豆はフェアトレードにて、無農薬の豆を世界各地からの直送。たくさんの縁がありスリランカカレーのスパイスも譲り受けたそうです。

もともと料理人だった益田さんの試行錯誤の過程から誕生した「スリランカカレー」

忘れてはならない大きな地震がきっかけで始まったカレーは、たくさんの思いと地域を元気づけたい!という気持ちのこもった一品でした。

カレーももちろん、コーヒーも絶品ですので是非食べてほしい味です。

ナチュラルコーヒー

住所

熊本市北区下硯川1792ー12

営業時間

9:30~19:00

店休日

日曜・祝日

オンラインサイト

https://www.natural.coffee/3

電話番号 096ー274ー1088

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

営業再開した人吉の老舗、醤油・味噌醸造元「緑屋本店」のアイスもなかはコクがあってたまらない!

2022.06.20

最近ワンピースが熱いので、ロマンを追い求める僕は船上で日の出を見たくて有明フェリーを利用した。

2022.06.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

運動した後に罪悪感なく食べられる「太りにくいカレー」が妖葉って店にあるというので腹筋ローラー持ってお邪魔しました

2022.07.03

PUBLIC RELATIONS

運動した後に罪悪感なく食べられる「太りにくいカレー」が妖葉って店にあるというので腹筋ローラー持ってお邪魔しました

2022.07.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal