*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市東区】ラーメンのために生まれた小麦使用「麺彩厨房 古今」の麺を楽しむラーメン!

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは。川上です。

ちょっとお得で美味しいものが食べられそうって先入観から、ランチってちょっと嬉しい。

でも、そんなランチも時間が区切られているところが多く、ちょっと時間を外してしまうとあっという間にランチ難民。

そんな時に、営業時間が区切られてないお店って救世主にしか見えない。ランチ時間を逃してようやく見つけたお店は昨年の12/23(金)にオープンしたばかりのラーメン屋「麺彩厨房 古今」

ふらりと行ってみたんですが、ラーメンのために生まれた小麦を使った麺で作られるラーメンが楽しめるという、こだわりのラーメン屋でした。


12/23(金)オープンのラーメン屋「麺彩厨房 古今」

やってきたのはゆめタウンサンピアンの3階にあるフードコート。フードコートと呼ばれる場所に久しぶりにやって来ました。

席スペースは結構広い。平日に行ったら空いていたので結構穴場かも。

どのお店にしようかなと考えるひまもなく、こちらのお店一択。12/23(金)にオープンしたラーメン屋、「麺彩厨房 古今」に行ってみようと思います。

ラーメンのために生まれたラー麦?こだわりの麺で作られるラーメンたち。

こちらが「麺彩厨房 古今」のメニュー。ラーメンは豚骨と醤油の2種類があり、さらにつけ麺とちゃんぽんも。麺が食べたくなったらとりあえずここに来ればいいのかも。

ちなみに大きく書かれているように、ここのラーメンは“ラーメンのために生まれたラー麦”で作られた麺を使用されています。ちなみにラー麦は福岡県内の農家によって限定生産されている小麦なんだそう。

公表されている中では、熊本でこのラー麦の麺を使っているお店はここだけのようです。

実食!

白ねぎ豚骨ラーメン990円

それでは頂きます!具材が豪華な白ねぎラーメン、スープは豚骨を選びました。マー油が控えめにのっている熊本風のラーメンだそうです。

まずはスープから。しっかりと豚骨の味がするのにも関わらず、クセがなく飲みやすい。万人に愛されるスープです。これはグビグビ飲める。

様々な種類の具材も盛られています。人気の海苔に味玉。

そして、たっぷりの白髪ねぎ。シャキシャキとした食感がたまりません。

チャーシューは大きなものが3枚入っています。とろとろで、それでいてもあっさりと頂けます。

そして麺!

口に入れると…間違いないね。と納得。どちらかというと細めの麺で、コシがあります。小麦の風味もあるんですが、不思議なことにラーメンのスープと一体化しているような感覚に。麺とスープがしっかりマッチしています。さすがラーメン専用小麦で作られた麺!

つけ麺もおすすめ

つけ麺890円

こちらはつけ麺。魚介のつけ汁です。

具材は海苔、味玉、太いメンマにチャーシュー。こちらもボリュームたっぷりのラインナップです。

こちらの麺ももちろん、ラー麦が使われています。

麺は太め。その分、歯ごたえもあって美味しい。表面がつるつるとしているので、のど越しも良い!

つけ汁は、魚介の風味がふわっと口の中に広がります。まろやかな口当たりなので、こちらも食べやすくておすすめです。

ラーメンやつけ麺のスープとつけ汁は、しっかり旨味がありながらも主張が控えめで、こだわりの麺をしっかり堪能することができました。ラーメンのために生まれた小麦で作られた麺、こだわりたっぷりのお店でした。

麺彩厨房 古今

住所

〒861-8010 熊本県東区上南部2丁目2−2ゆめタウンサンピアン3階

営業時間

11:00~20:00

電話番号 096-285-8689

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【球磨郡湯前町】ド迫力の龍神様がいる「龍神ハナグリ石神社」で大自然に癒されました。

2024.04.09

【熊本市中央区】食べ応えあるのにヘルシー?「居酒屋やおっぱ」の野菜たっぷりカレーは毎日でも食べられる。

2024.04.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal