*
とじる
*
とじる
*
とじる

昭和レトロを感じる純喫茶。その落ち着いた空間は、時が止まったかのように感じるのは私だけでは無いはず。そんな純喫茶はずっと残っていてほしいものですが、大津町にある「サンホセ」が9月30日に閉店してしまうとのこと!!


道の駅「大津」の横にある「サンホセ」

菊池郡大津町の道の駅大津の真横にある「サンホセ」。


訪ねたのは午後1時過ぎでしたが、店内は満席。私が席に着いた後も、次々にお客さんがやってきていました。

常連さんのおすすめ! トロふわ玉子とデミグラスソースが罪深いオムライス

ハンバーグやパスタ、トーストなど純喫茶らしいメニューが並ぶ中、デートスポットとして使っていたある方おすすめの「オムライス」(税込980円)を注文しました。

パカーンと割ってみると、コーンが入ったライスがぎっしり。そして、固まりすぎず絶妙なとろふわ玉子がところどころ流れてきます。この光景ずっと眺めることができますね。

コーンも珍しいですが、エビまで入っていました。トロトロ玉子とコクのあるデミグラスソースと贅沢な逸品でした。

閉店ということで、食べれなくなるのは寂しい限りです。

地元の方に愛された「サンホセ」は今月末で閉店

店内外には、閉店のお知らせがありました。とても寂しい。この日もお会計や注文の際に「閉店されちゃうんですね」と声をかけるお客さんもいらっしゃいました。

多くの方の癒しの場所として愛された「サンホセ」。9月末までは営業されているので、気になる方は訪れてみてくださいね。

ちなみにデートスポットとして使っていた知人はライターの伊藤さんです。20年くらい前、この辺りで夜まで空いているお店は「サンホセ」くらいだったそうで、愛用していたそうです。

サンホセ

営業時間

10:00~21:00
20:30(L.O.)
~20:00(ケーキの販売)
[ランチ]
11:30~14:00
14:00(L.O.)

定休日

水曜日

住所

〒869-1234 熊本県菊池郡大津町大字引水694−4

電話番号 096-293-4996

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

PUBLIC RELATIONS

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal