*
とじる
*
とじる
*
とじる

県がマンガとアニメで熊本を盛りあげようてことで聖地巡礼宿泊旅行プレゼントキャンペーンするぞ!しかも熊本在住の漫画家:鹿子木灯さん登場!【サインプレゼントあり】

ライター:伊藤 伊藤

こんな記事を見つけました。

引っ越しサービスの比較サイトを運営する引越し侍(本社・名古屋市西区)が、「読書の秋」をテーマに、都道府県別の書籍(本・マンガ)の保有冊数&1カ月の購入冊数などを調査した。

その結果が

⬇︎

<マンガの保有冊数>
1位 宮城県 236.8冊
2位 高知県 233.7冊
3位 熊本県 178.5冊
4位 群馬県 160.8冊
5位 兵庫県 135.6冊

マンガ保有数全国3位なんですってよ奥さん、全国で3番目にサブカル好きなんですよ!!これってもっと自慢してよくないですか?

でもよく考えたら、しっかりアピールしてたよね

ワンピース像!!

そして

夏目友人帳!! 

などなど。熊本県が総力をあげてやってるじゃないですか!!

しかも

「くまもとマンガ協議会が発足!」って取材してた。その後の熊本県の動きを追っかけてみました。そしたら、なんと!聖地巡礼宿泊旅行をプレゼントするキャンペーンをやるそうな。

しかも泊まれる旅館・ホテルが…

黒川温泉やまびこ旅館

湯の児 海と夕焼け

という人気旅館・ホテルなんです!

楽しみしかないでしょコレ。ということで、

マンガ・アニメで熊本PRを目論む熊本県庁に突撃取材しました…するとなぜか、熊本在住で「今日どこさん行くと?」などを描いている漫画家:鹿子木灯(かなこぎともり)さんに、お会いすることになりました!


熊本県の意気込みを見た!

熊本県庁に到着すると、出迎えてくれるのがマンガ「ワンピース」の主人公ルフィ(像)。

県庁の受付と1階ロビーは

ワンピースに染め上げられていました。(現在は展示されていません)

向かう先は、観光交流政策課。

「ここですよーーー」ってアピールがすごい。

恐る恐る入る。緊張するんですよねぇ県庁って。

「こんにち…」

はーーー!!!??」

熊本県のマンガ・アニメにかける意気込みを目の当たりにしました!(ルフィのトレードマーク麦わら帽子をかぶってお仕事)

「バカンス半分で仕事してますー」と思われても仕方がないこの所業に脱帽。

担当者に話を聞いた

奥のミーティングブースに通される。

「どんな担当者さんだろう、ガチアニオタだったらどうしよう」

「……よろしく、お、お願します」

「よろしくお願いします!ゴムゴムのーーーー!!」

ZZZZZZZZ…。(寝た)

「短時間でルフィの2大特徴を表現しました。ゴムゴムの実とすぐ寝る。いかがでしょうか?」

「(一気に不安になりましたなんて、絶対言えない雰囲気)」

「めっちゃ練習したんです!早速本題ですが、熊本は日本随一のマンガ・アニメ県なんですよ。熊本出身の漫画家さんもたくさんいますし、熊本を舞台やモデル地にしたマンガ・アニメがたくさんあるんです!最新のニュースですと、ストップひばりくんの著者:江口寿史先生が、故郷である水俣の観光大使になったんですよ!」

すんげぇ前のめりで話してくるから、「そんなこと知ってますよ、私アニソンDJとかやってるんすから」なんて、言えない雰囲気。

「一気に発表しますよ、熊本ゆかりのマンガ・アニメを!

アニメ 夏目友人帳
人吉・球磨地方
アニメ 蛍火の杜へ 阿蘇/上色見熊野座神社
アニメ なつなぐ! 熊本市、益城町、天草
アニメ 劇場版 弱虫ペダル 熊本市、天草、阿蘇
アニメ 名探偵コナン 熊本市、阿蘇
漫画 放課後ていぼう日誌 芦北町など
漫画 今日どこさん行くと?/私の魅力がわからんと!? 熊本市内など
漫画 光路郎/妹先生渚 芦北町など
漫画 金田一少年の事件簿 天草

参考:【アニメ聖地】熊本が舞台の作品まとめ – アニメん名ゼリフば熊本弁にすっばい。 (ame-kuma.com)

これに加えて

ゲーム:クレヨンしんちゃん『オラと博士の夏休み』(阿蘇)

ゲーム:ガンパレード・マーチ(熊本市・八代)

などなど。

そして熊本ゆかりのある漫画家さんは

尾田栄一郎さん ワンピース
緑川ゆきさん 夏目友人帳、蛍日の杜へ 他
川崎のぼるさん 巨人の星、いなかっぺ大将 他
小坂泰之さん 放課後ていぼう日誌
江口寿史さん すすめパイレーツ、ストップ‼ひばりくん! 他
室山まゆみさん あさりちゃん
井上雄彦さん スラムダンク、バガボンド 他

他にも、たっっっくさんいるんですよ!

マンガ・アニメファンの方々が、各モデル地(聖地)を回って作品の世界をリアルに体感しているんです。そして、モデル地の周りにあるお店や観光地に出向いて熊本の素晴らしさを知って、好きな作品の世界観にさらに深く傾倒できるんです」

そんな熊本ゆかりのマンガ・アニメの情報をSNSで発信してるそうですよ!

その名も

マンガ県くまもと研究会

「マンガ県くまもと研究会です」

「ど直球なネーミング」

「現在SNSを使って熊本ゆかりのマンガ・アニメ情報を絶賛発信中です。

ツイッターはこちら

インスタはこちら

フェイスブックはこちら

この、アンニュイなにゃんこが目印です」

「この猫には名前あるんですか?」

にゃんこです!

「本日2度目の、ど直球!!」

「あ、でもマンガ県くまもと研究会に所属するのでにゃんこ研究員ですよね!」

「よね!と言われましても…。いったいどんな情報を発信してるんですか?」

「例えば、熊本出身の作家さんの紹介↓

熊本で行われているイベントの紹介や情報↓

熊本ゆかりの作品の聖地・モデル地の紹介↓

熊本在住の漫画家さんに会いに行ったり↓

ありとあらゆる、熊本ゆかりのマンガ・アニメ情報を発信しています!

「しかし、まだまだ知名度は低く、12月初旬現在でフォローされている数は450人。もっともっとたくさんの人たちに見て欲しいんです。そこである作戦を実行することとなりました」

その作戦とは

↓↓↓

熊本にあるマンガ・アニメのモデル地である、阿蘇(クレヨンしんちゃん)と芦北・水俣(放課後ていぼう日誌)それぞれの旅行宿泊券が当たるプレゼントキャンペーンを実施する!めっちゃ太っ腹じゃないですか!!

応募方法は、

①プレゼントキャンペーンのツイートを「#マンガ県くまもとプレゼントキャンペーン」というハッシュタグをつけて、引用リツイートする。

②マンガ県くまもと研究会ツイッターをフォローする

この2つの条件を満たしてください。記事の最後にもう一度説明しますね。

「これはマンガ・アニメファンならずとも、嬉しいキャンペーンですね!ちなみに、熊本がらみのマンガ・アニメで大野さん一押しの作品ってありますか?」

「あります、ズバリ

【今日どこさん行くと?】

です。熊本在住の鹿子木灯(かなこぎともり)さんが描く、熊本の坂をマニュアル車でビュンビュン登るマンガです。という説明をすると、頭文字Dみたいなマンガかと思われますが、主人公の超かわいい上司(かみつかさ)さんがとにかく素敵なお話です」

©️KADOKAWA/鹿子木灯

作中には、熊本の名所が多数登場してくるので、マンガに登場した場所を巡ると熊本観光できちゃう作品。

「全国流通してるマンガの作者が、熊本に在住してるって嬉しいですよねー。実は鹿子木さんも今回のマンガ県くまもとプロジェクトに深く関わっているんですよ。漫画家さんと会う機会なんてなかなかないと思いますが…会ってお話し聞いてみますか?」

「ぜひ!!」

マンガ県として熊本が認知されるまでは、まだまだ長い道のりがあると思います。しかし、熊本は間違いなく「マンガ県」を名乗れる要素が豊富にあります。ルフィが「海賊王に俺はなる!!!!」と言い続けてきたように、熊本も自らが「マンガ県になる!!」と言い続ければ、県民一人ひとりに少しづつでも届いていけば、きっと夢の話では終わらない気がします。

鹿子木灯さん登場!!

県庁に伺った日の夜、早速取材に応じてくれるということで、市内某所で待ち合わせました。

「漫画家さんって気難しい人が多いって聞くけど、大丈夫かなぁあ…失礼なこと言って怒られないかなぁ。すぐ余計なこと言うもんなぁ私」と、それこそ余計なことを考えてる伊藤。

「こんばんはー、肥後ジャーナルさんですか?」

と、綺麗な声と満面の笑顔でご登場。鹿子木灯さん。気難しい人なんて考え、本当に無駄でした。

「こんばんはぁ!初めましてぇ肥後ジャーナル の伊藤と申しますぅ。今、熊本県が行ってる事業【マンガ県くまもと】に関わってらっしゃるということで、お話をお聞かせ願えればなぁと」

「はい。私がにゃんこ研究員さんのイラストを描かせていただいてるんです」

鹿子木さんの十八番といっていいのが、猫のキャラクターです。例えば「子飼商店街のこよみさん」には

【ましゅまろ】という猫。

山鹿のイベント「謎解きは温泉の前に」には

【もなか】という猫。

山鹿「犬子ひょうたん」の【ちよまる】

あ、これ犬だった。

「猫を描けるっていうので、すごく楽しんで描きました!実際のにゃんこ研究員さんを見て描いたんですよ!」

「……。へぇ……(いるわけないでしょ)」

「あ、今いるわけないって思ったでしょ。ちゃんといるんですよ!マンガ県くまもとのツイッターを見てくださいよ、しっかり登場してますから」

「だいたいこのくらいの大きさです」って

半信半疑の方はこちらをご覧ください。

にゃんこが車運転してるし!!、あと結構喋りがおっさんだなぁという印象。

「にゃんこという名前ですが、ちゃんとした大人の方(?)ですよ。にゃんこさんの頑張りは、私たち熊本出身の漫画家のモチベーションでもあるんです。熊本が大好きという気持ちは、私もにゃんこさんも熊本県庁さんも一緒です。日本が世界に誇るマンガ・アニメを通して、熊本のいいところを全世界に知ってもらえれば、マンガ・アニメ好きの方々は、まず熊本を訪れてくれるようになるんじゃないかなと思います。そうなると、私たちの描く漫画は、より大きな羽を広げて遠く世界を羽ばたけるのではないのかと思います。」

「ありがとうございました。最後にお願いが一つあります。読者の方々にプレゼントするために、サインを書いていただけますか?」

笑顔で快諾してもらい、なんと3枚も(イラスト付き)いただきました!!

あっという間に3枚…圧巻のクオリティー。超レアイラストですよ!

3枚様にプレゼントいたします(イラストは選べません)、ご応募はこちらから

サイン色紙プレゼント応募フォーム

まとめ

「マンガ・アニメを知れば熊本を知る。熊本を知ればマンガ・アニメを知る!と行っても過言ではありません(←言い過ぎじゃない?大丈夫?)

ツイッターはこちら

インスタはこちら

フェイスブックはこちら

一度のぞいてみてください!

そして…

12月17日から24日までは芦北・水俣。12月25日から31日までは阿蘇となります。それぞれの聖地巡礼の旅プレゼントキャンペーンは、

①プレゼントキャンペーンのツイートを「#マンガ県くまもとプレゼントキャンペーン」というハッシュタグをつけて、引用リツイートする。

②マンガ県くまもと研究会ツイッターをフォローする

これをクリアすれば、応募完了です!!

奮ってご応募ください!

冬こそ温泉…入ったら、そのまま漫画読みふける幸せを味わおう。

キャンペーンツイートはこちら

ライター紹介

伊藤

伊藤

演劇の先生やったり、アニソンやメタルのDJやったり、バンドやったり、サブカル好き思春期47歳独身。健康診断で中性脂肪が赤信号だったので、たまにジョギングすることにした。やっぱり犬が好き。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal