*
とじる
*
とじる
*
とじる

漫画喫茶&レストラン「カフェ レストラン 漫画人館」が閉店

南区幸田にある「漫画人館(まがじんかん)」。東バイパスを通ると見える大きな看板と「漫画人館」の文字には見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

平日は営業周りのサラリーマンの方や、お店近くでの現場作業の方などでにぎわい、漫画喫茶的でありながらも、ボリュームがあり美味しい食事も豊富で人気のお店でした。夜はファミリーでの来店も多かったようですね。

毎日営業で、朝はモーニング、昼はランチ、夜のディナーと、いかなる時間帯にも合ったメニューを提供していました。

ですが、6月30日(土)をもって閉店との連絡がされていました。

創業23年間。オープンは平成に入ってからではありますが、実に昭和的な香りのするお店で、二万冊以上と言われる漫画本と共に、食事を終えてもじっくり滞在できる心の拠り所のようなお店でした。

賛否はあるかもですが、喫煙ができるお店として、私の知人はよくここに来ていると聞いています(禁煙席もあります)。

ここが無くなると昔ながらの雰囲気がある、ゆっくり落ち着いた拠り所が無くなるなぁと思ったり。でもそれも時代変化なのかもしれません。

居心地の良いむ飲食店が少なくなってきたのは残念。

インターネットカフェに入ってまで漫画が読みたいわけではないけれど、食事しながら、ドリンクを飲みながらでもそのまま漫画などの読書が楽しめる場所でした。

日替わりランチやカレーなども美味しかったですね。

でもやっぱり東バイパスでこの「漫画人館」の看板をもう見られなくなってしまうのは寂しいですね…

■カフェ レストラン 漫画人館■

住所:熊本県熊本市南区幸田2-7-22

電話:096-379-0030

営業時間:10:00~23:00(22:00 OP)

定休日:なし

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal