*
とじる
*
とじる
*
とじる

最近、あまり見かけなくなった「玉子丼」

「玉子丼」って実は若い人は知らないっていう人もいるんです。「親子丼」は皆さん知ってますよね?

玉子丼は、親子丼の鶏肉がない料理です。とてもシンプル。

最近はすっかりこの玉子丼を見かけなくなってしまいました。

でも一部老舗うどん・そば店などは、このシンプルイズベストの「玉子丼」を長年提供しているお店があります。

八代市の老舗うどん・そば店「みつばち」

八代市の中心街にあります、「みつばち」さんです。

創業何年だったかの確認をし忘れておりましたが、私が物心ついたころにはこのお店は営業していましたので、少なくとも40年近くにはなるかと思います。

実に昔ながらの昭和大衆店です。本当にシンプルに美味いんです。

ついに平成も終わろうとなっている中で、当時の雰囲気のまま残る珍しい店です。

店内も昭和レトロ漂う!

私が子供のころは、当たり前のうどん屋でしたが、それが今や昭和レトロ!と呼ばれる雰囲気に。

小上がりの畳もいいですね。テーブル席、カウンター席もあります。

メニューはこちら!王道のうどん屋メニュー!

まさに王道メニューです。こちらでは、昔に習ってきつねうどんを「いなりうどん」、たぬきうどんを「花うどん」と呼んでいます。

ご飯に玉子と玉ねぎしかない「玉子丼」が価格600円です。

しかも鶏肉が入る「親子丼」が650円と50円しか変わらないのです。

でも私はここでは「玉子丼」を食べます!

玉子丼+みつばちうどん(少し練り物入りかけうどん)を注文!

念願の玉子丼と、「みつばちうどん」の2つを頼みました!

ミニうどん・そばが付くセットもありますが、私は通常サイズで食べたい派です。

まさに「黄金に輝く丼」です!玉子と玉ねぎだけのシンプルな料理。シンプルだからこそ技量が問われるだけに、ここの玉子丼は絶品

いい玉子の感じですね!他店の玉子丼では、しいたけや蒲鉾、さつま揚げなども入っていたりしますが、こちらのは純粋に卵と玉ねぎのみです。

だしが米にほどよく染みています。玉ねぎの煮え方も絶妙。

昔ながらのカブで出前も迅速!いつまでも残ってほしい名店でした!

お昼時はお店も忙しく、店舗内も忙しいのに、出前も頑張られています。

長年に渡って地域の中食を支えてきた味。私も地元を離れてみてからわかった美味しさです。

お店のキャッチコピーにもある「ありきたりの味を越えた味」

お近くお立ち寄りの際はぜひ! 玉子丼以外もどれも美味しいですよ!

■うどん・そば みつばち■

住所:熊本県八代市本町1-6-55

電話:0965-33-2735

営業時間:11:00~19:00

定休日:不定休

地図

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

【益城町】フライト直前のお寿司には愛が詰まっていた【阿蘇くまもと空港】

2023.11.01

【熊本市西区】ご飯によく合う!明治創業の老舗『田楽家』で田楽定食に癒される

2023.10.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

【芦北町出身】村枝賢一先生のサイン色紙を抽選で2名様にプレゼント!【新仮面ライダーSPIRITS・俺たちのフィールド】

2024.02.24

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal