*
とじる
*
とじる
*
とじる

これ食べれません!「日本美術」でまるで本物のような食品サンプル作りを体験! 鳩と一緒にわちゃわちゃと

ライター:ちえ ちえ

レストランの入り口なんかに飾ってある食品サンプルって、本物みたいで見ているだけでお腹すいてきますよね。

そんな食品サンプルが作れる会社が熊本にあるんです!なんと創業60年以上!しかも、飲食店でなくても自分で作れるそうなので、食べられるものならなんでも作ります!という「日本美術」で、憧れの食品サンプル作りに、謎の鳩ライター・東海林メアリーさんと一緒に、体験しに行ってきました!


どれもこれもリアルでおいしそう!

やってきました!中央区黒髪にある「日本美術」。

店内のショーウィンドウには、おいしそうな食品サンプルがたくさん並んでいます。これを見て、レストランだと勘違いしたお客さんが、食事をしようと入ってきたこともあったとか。

本当にどのサンプルもリアルで、よだれが出そうなほどおいしそう!

こちらでは、8年前からサンプル作りの体験をされているそうで、トッピングが選べるカップスイーツ、レンゲに入ったチャーハン、天ぷらの中から、好きなものを作ることができます。

今はすべて塩ビ(簡単に言えばビニールっぽいの)で作られるようになった食品サンプルですが、昔はロウで作られていたそう。天ぷらのサンプル作りでは、唯一、ロウを使った体験ができます。

チャーハン作りに挑戦!

さっそくサンプル作りに挑戦!しかし、天ぷらサンプルを作っても、絶対に収納の奥深くで眠りにつきます。インテリアにしても仕方ないしなぁ…。

ですが、チャーハンであれば、裏に磁石がついていて、マグネットとして使えると聞いて、迷わずチャーハンを選択。ビバ実用性!

こちらがお手本です。右側のものを私、左側をメアリーさんが作ります。

大ベテランの橋本社長も、さすがに鳩に指導を行うのは初めてだったようで、若干戸惑っていらっしゃいましたが、レッツクッキング!

まずは材料を用意します。今回使う材料は、ご飯、エビ、炒り卵、焼き豚、玉ねぎ(透明)、ネギ2種です。

まずはこちらを、包丁(ハサミ)で細かく刻んでいきます。

メアリーさんは少し材料が違いますが、人参を細かく刻まれていて、意外と器用です。鳩なのに…ちょっとちょっと!メアリーさん!

餌じゃないので、お手本つついちゃダメですよ!

ハッ!いつの間にかハンバーグまで…!

お腹を空かせたメアリーさんはさておき、すべての材料を細かく刻んだものがこちらです。この時点で超リアル。

これらの具材とお米をフライパン(紙コップ)に入れ、塩コショウ(接着剤)を入れ、菜箸(割り箸)でまんべんなく混ぜます。

そのチャーハンをレンゲに流し込んで形を整え、トッピングも散りばめ、最後にエビを乗せたら完成です!

ジャーン!!こちらが私作。

メアリーさんの出来栄えもすごいです!鳩なのに…

作ったチャーハンを実食?

おいしそうなチャーハン、早速いただいてみましょう!(食レポ風)

お皿を持って、大食い女王感を演出!お皿のチャーハンもサンプルですが、本物のチャーハンと区別がつかないクオリティです!

メアリーさんも実食!しかしクチバシを閉じているせいか、お上品感が出ていてズルい…

その後、お互いの作ったチャーハンを、食べさせあいっこしてみました。

あ~~~ん!

若干背景と同化してますが、記念すべきファーストバイト!

メアリーさんとの愛も深まり、橋本社長の丁寧なご指導もあり、楽しい体験ができました!

今後はバリエーションも増えるかも!

食品サンプル作りは、学校などで体験された方も多く、今後はメニューを増やしていく予定だそうです。

具材を混ぜ合わせ、実際にオーブンで焼いて固めるというお好み焼きや…

メモクリップがついたラーメン(ビバ実用性!)や、自分で焼き色をつけるハンバーグなど、初心者でも取り組みやすく、達成感のあるメニューを考案中とのこと。今後の展開も楽しみですね!

食品サンプル作りの体験は、1名からOKで、20名以上になると、出張サービスもしてくださるそうです。レストランのショーウィンドウで見るような、リアルな食品サンプルを作ってみたいという方は、ぜひ挑戦してみてください!

日本美術

体験受付

9:00~16:00

※3日前までに要予約

定休日

不定休

電話番号 096-344-2411

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal