*
とじる
*
とじる
*
とじる

南阿蘇で優しいご飯食べるならここ!阿蘇の景色を映した五樂丼が美しい「南阿蘇のおいしい時間」

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

秋晴れが気持ちの良いこの季節、南阿蘇へのドライブなんて最高ですが、その時に悩むのがランチ。

有名なところにはもう行ってるし…でも、せっかく遠出するなら、素敵な場所で美味しいランチを食べたい!新しいお店にも行ってみたい!そんな方におすすめなのが、「南阿蘇のおいしい時間」。

ゆったりとした優しい空間の中で、心と体に染みるランチが味わえます!


雑貨も楽しめる!心からほっとできる場所

こちらのお店があるのは、「あそ望の郷くぎの」の敷地内にあるチャレンジベースみなくるストア。

あか牛の館の前にある、長いコンテナスペースの中にあります。

正面向かって右から2番目の店舗で、こちらのかわいい木の看板が目印です。

2020年の7月7日にオープンしたばかりの、まだまだ新しいお店です。

店内は、白い壁に木のテーブルが配置され、ドアを開けた瞬間、あたたかい雰囲気に包まれます。

雑貨や本、野菜などもたくさん置いてあり、食事をしなくても楽しめそうなほど!

かわいいイラストのマグネットに…

南阿蘇の農園の野菜やお米。

有機スパゲッティや環境に優しい石鹸など、体にも地球にも良い商品がたくさん並んでいて、どれもこれも欲しくなるようなものばかりです。

美しい五樂丼と重ね煮のスープが染みる…

ランチでは五樂丼、スープ、酵素玄米などがいただけます。

こちらが、五樂丼とスープのセットで、価格は1,200円。

五樂丼は、季節によって具材や色が変わるそうで、今は秋色の阿蘇を模してあります。

コリンキーのオレンジやお芋の黄色が秋を感じさせてくれる丼ですが、これが冬になると、大根やカリフラワーが入って白い雪景色のような五樂丼になるそうで、旬の野菜が季節の色を映し出す、四季折々で変化する素敵な丼です。

中央の玉子は火山の溶岩のイメージ。そして、玉子の上のこだわりの自家製ヤンニョムは、マグマを表現されているとのこと。

野菜はことぶき農園の無農薬野菜が使われており、こんにゃく、鶏そぼろなど、具材一つ一つに丁寧に味がつけられています。発酵カフェということで、塩麴や甘酒といった発酵調味料も使われており、いろんな味が楽しめる体に優しい丼です。

重ね煮のスープの方は、キャベツ、人参、しめじ、玉ねぎなど、野菜がたっぷり!

豆乳も入った優しい味のスープで、塩水で発酵させたお豆も入っているそうです。

五樂丼もスープも、本当に丁寧に手間暇かけて作られていて、もう、なんて優しくておいしいんだろう!ここのお料理たち…!

心と体にじんわりと染みいる食事でした。

南阿蘇に惚れ込んで…

こちらがオーナーの坂井章加(ふみか)さん。

もともと奈良に13年住まれていて、お料理教室等されていたそうですが、夫婦で1日1組限定のお宿をオープンさせるのが夢だったとか。その場所を探していた際に、南阿蘇の絶景と出合い、南阿蘇に惚れこんで、こちらに移住して来られました。

その後、噴火や熊本地震、大雨等あり、お宿オープンの夢も遠のきましたが、「まずは南阿蘇の復興が大事だ!」と、「南阿蘇のおいしい時間」というサイトを立ち上げ、南阿蘇にあるお店を取材し、情報発信をし続けてこられたそうで、感謝の気持ちで胸が溢れました。

「人と関わることが一番の楽しみ」という章加さんは、こんな時代だからこそ、みんながほっと息抜きできる、憩いの場を作りたいと、人と繋がれるこちらのカフェをオープンされました。コロナ禍での不安もあったそうですが、周りの目は気にしすぎずに、自分のやりたいことや想いに素直に生きたい!と立ち上げられたお店です。

カフェは、木・金・土曜日の営業となっており、月・火・水曜日はコミュニティスペースとして、イベント等で利用されています。

土曜日は特別な日で、Yuさんによるスイーツも準備されています!

こちらはヴィーガンのタルト。柿を使ったタルトなど、実りの秋を感じさせてくれるスイーツです。

南阿蘇のおいしい苦団子は、麻炭やアーモンド、モリンガパウダーなど、健康に良い物がぎっしり入っており、食べてみると、ザクザクとした食感が楽しい、甘くておいしいお団子でした。

章加さんご夫妻のお宿オープンの夢はすぐ目の前で、2023年の春、南阿蘇にゆったり過ごせるお宿をオープンされる予定とのこと。子育て中で余裕のないお母さんたちも、ほっと一息つけて、リセットできる場所にしたいと、現在、ご主人がお宿をセルフビルド中です。大自然に包まれて、身も心もリフレッシュできるお宿のオープンも、とっても楽しみ!

南阿蘇で美味しい食事をしながら、優しい時間を過ごしたい方に一押しのカフェでした。

南阿蘇のおいしい時間

営業時間

ランチ 11:30~14:00

カフェタイム 14:00~17:00(土曜日のみ)

木・金・土曜日のみの営業

定休日

日曜日

月・火・水曜日はコミュニティスペースとしてオープン

ホームページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/minamiasonooisijikan

電話番号 090-4236-4551

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

【11月28日まで】くまもとクリエイターズマスク展に肥後ジャーナルオリジナルマスクも展示されているので行ってみた

2021.11.20

PUBLIC RELATIONS

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal