*
とじる
*
とじる
*
とじる

新屋敷にオープンしたばかり!パンチのきいたボリューム満点のラーメン「ねじれ麺 豪傑」

ライター:ちえ ちえ

ラーメンというと、いろんな好みがありますよね。スープはとんこつ派・塩派・味噌派…、麺は細麺派・太麺派・ストレート派・縮れ麺派などに分かれ、ラーメン談義は尽きません。そんな奥深いラーメンの世界ですが、最近、「ねじれ麺」という聞き慣れない麺を使ったラーメン店の看板を発見!今月オープンしたばかりのお店に、早速調査に行ってきました!


自分好みのトッピングで注文

こちらが「ねじれ麺 豪傑」。子飼橋と産業道路の間の道沿いの、「ひごのすけ」跡に今月初めオープンしました。

店内は、L字型のカウンター席が11席。

まずは入口入ってすぐの券売機で、食券を購入します。普通のラーメンと汁なしの2種類から選べます。

その後、購入した食券に、無料トッピングを記入します。

貧乏性の私、「トッピング全部無料なら、全部アリアリがお得だよね」という信念のもと、生卵あり・にんにくマシ・脂マシ・マヨネーズありの汁なしを注文してみました。名付けて、わがまま欲張り汁なし!

これは衝撃!初体験の超極太ねじれ麺!

出ました!わがまま欲張り汁なし!圧倒的ボリューム感!

店内にあった美味しい食べ方の通り、下の方からよく混ぜて、いざ実食!

これが噂のねじれ麺!超極太で、たしかにねじれてる!!

うどんもひれ伏すほどの麺の太さで、ラーメン界ではトップに君臨するのではないでしょうか。

ずずっと勢いにまかせて食べてみると、口の中で麺があちこち踊り出すような感覚で、例えるなら麺の踊り食い!もちろん、うどんのようにもっちりした麺ではなく、噛むとブチッと切れる歯ざわりの良い麺です。こちらの珍しい麺、仕入先を尋ねると、店長の村上さんが作られた自家製麺とのこと。

味のほうは、ニンニクがバッチリ効いていて、パンチも十分!にんにくパワーで元気が出そうな、ガッツリ系のラーメンです。

チャーシューも麺もボリュームがすごい!

そして、チャーシューもすごいんです!

巻き寿司かよ!とツッコミたくなるほどのこの厚み!

48時間かけて作られたチャーシューは、この厚みがありながら、お箸でほぐすことができる柔らかさです。

麺は一杯で250g使われているそうで、食べても食べてもなくならないデカ盛りレベル!美味しい食べ方通り、途中で卵の黄身を投下すると、なんだかチ○ンラーメンのよう!卵を絡めると味がまろやかになり、味変も楽しめます。その後、白身も入れて、ようやく完食!「完食されたんですね!」と店員さんに驚かれるほどでした。

お店に来るのは95%が男性だそうで、女性は小サイズを注文されることをおすすめします。新感覚のねじれ麺、食べ終わるとパワーがみなぎるような一杯でした。

ねじれ麺 豪傑

営業時間

11:30~14:30/17:00~20:30

定休日

日曜日

駐車場

なし 近くのコインパーキングをご利用ください

駐輪場はあります

電話番号 096-342-5753

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

泊まりたくなる空間「だご汁茶寮 ここのつ」で上品なだご汁を食す幸せ

2021.07.20

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal